サイタ音楽教室ドラム教室愛知 Take's Drum School スクールブログ ドラムセットに...

ドラムセットに座ったら!!

こんにちは、講師のTakeです。
前回に引き続き、今回はドラムセットでの練習について考えます。
(ドラミング紹介はこちらhttp://www.myspace.com/takeshidrummer)

ご存知の通り、ドラムは沢山のタイコやシンバルが集まって出来た楽器です。
僕たちドラマーは、両手両脚を使って演奏するわけです。
ということは、まずドラムを演奏するために、どう叩くかを手足にインプットさせる必要が出てきます。
これは根気が必要ですが、何度も何度も繰り返し同じフレーズを叩くことで、少しずつ脳や手足にインプットされてきます。
一度習得すれば、あまり忘れることはありません(自転車の乗り方と一緒です)。

例えば、エイトビート。
これはドラムの基礎中の基礎ですが、一度覚えた手順をゆっくり、繰り返しやれば、そんなに天地がひっくり変えるほど難しいものではありません。
なぜならドラムは、両手両脚をバラバラに動かしているように見えて、実はちゃんとした法則があるからです。

この法則を分かりやすく、無駄なく確実に伝えることが、講師である僕の役割です。
練習時間は限られています。
その限られた時間の中で、ベストに近づけるように近道をナビゲートし、即実践に活かせる技術を身につける、それがTake's Drum Schoolの最大の使命だと考えています。

 

(2009年6月4日(木) 13:14)

前の記事

新着記事

こんにちは、講師のTakeです。 前回に引き続き、今回はドラムセットでの練習について考えます。 (ドラミング紹介はこちらhttp://www.myspace.com/takeshidrummer) ご存知の通り、ドラムは沢山のタイコやシンバルが集まって出来た楽器です。 僕たちドラマ...

こんにちは、講師のTakeです。 前回に引き続き、僕が実践してきた具体的な練習法を紹介します。 僕がドラムを始めたときはまだ子供で、当然ドラムセットもすぐには買えませんし、近くに音楽スタジオもありませんでした。 そこで、せめて形だけでもドラマーになってみたくて、まず買ったのが... ...

こんにちは、講師のTakeです。 早速ですが、「どうすればドラムが上達するのか?」 僕なりに培ってきた経験をもとに、お答えしたいと思います。 <b>「ドラムは、練習すればするほど上達する!!」</b> そう聞くと、当たり前のように思えますよね。 でもその通りなんです。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ