全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室愛知 Take's Drum School スクールブログ ほんとうに効果...

ほんとうに効果的な練習法?

こんにちは、講師のTakeです。
前回に引き続き、僕が実践してきた具体的な練習法を紹介します。

僕がドラムを始めたときはまだ子供で、当然ドラムセットもすぐには買えませんし、近くに音楽スタジオもありませんでした。
そこで、せめて形だけでもドラマーになってみたくて、まず買ったのが...

マイスティック

です。
このスティックとの出会いがすべての始まりでした。
僕は時間を見つけては、ウォークマンに流れる楽曲に合わせて、雑誌や座布団など叩けるものはすべて、無我夢中に叩きました。
学校の授業中には、好きな曲をイメージしながら足でリズムを取ったり、ボールペンをスティックのようにして机を叩いたりしました。
しばらくして、貯めたお金でドラムセット買ったのですが、驚いたことに...

初めてイスに座った瞬間、エイトビートが叩けてしまった

のです。
階下で聞いていた母親が急いで僕の部屋を訪れ、
「あんた、もう叩けるようになったの!?」
と一言。近所のおばちゃんまで家に駆けつけました(笑)。
僕としては何の違和感もなく、むしろエイトビートが叩けたのは当然のことのようだったのです。

僕は、このエピソードを今も大切にしています。
「ドラムを演奏したい」、「音楽を演奏したい」...そういう熱意や興奮が、いわゆる「イメージトレーニング」みたいな形で具現化されていたんだと思います。
ですから、今すぐドラムセットが買えなくても、音楽スタジオに行く暇がなくても、まずは自分のスティックを買ってみて下さい。
パッと握ってみて、自分の手に馴染むものでいいです。
そして雑誌や座布団などを、お気に入りの音楽と一緒に振って、叩いてみて下さい。
きっとそれだけでも、すごく楽しいですから...。

次回は、ドラムセットでの練習の仕方を紹介したいと思います!


 

(2009年6月4日(木) 12:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ記事 ページ先頭へ