全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ コーラス録音

コーラス録音

ご無沙汰バンド(ジャーニーのトリビュートバンド)のライブ演奏の完成度を高めるべく、同期を使うことにしました。

同期とは「あらかじめレコーディングされた音」を流しながら生演奏をやることです。(ドラマーは同期がズレないようにクリックを聞きながらの演奏となります)

あらかじめレコーディングされた音の中には何が含まれるかと言うと、主に

キーボードの音(手弾きの補足)
コーラスの声

です、うちの場合は。

たかだか小さなライブハウスのライブで同期を使うの?
そこまでやる必要あるの?

という人もいるでしょうが、本家のジャーニーが使っている以上我々も使うのです(笑)。


というわけで昨日はギタリストS氏の自宅スタジオでコーラスレコーディングを行ってきました。

こうやってレコーディングをして感じるのは...


歌、上手くなりてぇ(笑)


レコーディングされた自分の歌声を聞くのってかなり恥ずかしいですね。あくまでドラムがメインで歌はオマケとは言え、もうちょっと上手く歌えるようになりたいものです。

海外のミュージシャンなんかは楽器がメチャうまで歌もメチャうまという人がゴロゴロいますもんね。


そんなこんなで昨日は4曲ほど録りましたが、かなりAutotune様のお世話になりました。

※Autotuneとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3

Autotuneがなかった聞けたもんじゃないですからね。
テクノロジーに感謝です。

こういうものにお世話にならないように精進いたします^^


でも録音した自分の歌声をAutotuneに取り込んで音程の変化をデータで見たりすると、自分の良いところや悪い癖などが一発で分かってこれはこれでとても勉強になります。

少なくとも音程に関してはこういったレコーディングを繰り返しているうちにかなり矯正出来るでしょう。


ドラマーも歌えた方が仕事を取る場合も有利ですし、単純に楽しいですからみなさんもどんどん歌っていきましょう。

 

(2014年6月9日(月) 10:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ