全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 意外と大事な話

意外と大事な話

制作現場において何が無駄なコストで何が無駄でないかの線引きの判断って、実は結構難しかったりするんですよ。

例えばライブの現場でミュージシャンに出す楽屋弁当のお金。


これノリ弁買ってきて済ませば相当安くあがります。ライブの回数が多ければ食事の回数も多くなりますから一回一回の食費を抑えればトータルで見ればそれなりにコストを削減することが出来ます。

でもこういうコスト削減はあんまりオススメしません。


プロのミュージシャンだって人間ですから気分よく演奏している時ばかりじゃありません。あまり調子が乗らないで演奏する時もあります。(もちろんお客さんにはバレないレベルで、ですが)

そんな時に楽屋に300円のノリ弁が並んでいるのと、ちょっと豪華なお弁当(例えば仙台のライブで楽屋に牛タン弁当)が並んでいるのとではどうでしょう。


牛タン弁当の方が俄然モチベーションがアップします(笑)。


人間ですから美味しいごはんを食べたら、当然気分は良くなり、演奏にも好影響をもたらします。


確かにお弁当のコストはアップしますが、それによってミュージシャンが気持ちよく演奏でき、結果的に素晴らしいライブになるのだったらこのお弁当にかけたコストは無駄ではなかったということになります。

考えてみれば安い買い物じゃないですか。たかだか数百円お弁当代を上乗せするだけで機嫌よく演奏してくれるんですから。

ミュージシャンなんて単純な生き物なんですよ(笑)。


というわけで制作現場の皆さま、ミュージシャンには美味しいものを食べさせてやってくださいませ^^

打ち上げの美味しいお酒と美味しい食べ物ももちろんモチベーションアップの原動力になります(笑)。

■追記
もちろん出された物はそれがノリ弁だろうと叙々苑弁当だろうと同じようにありがたくいただきますよ。

ただ一点心に留めておいていただきたいのは同じ会場で何日も連続してライブをやる時は...

お弁当のメニューは変えてください。

これは本当に心からお願いします。

そんなの当たり前じゃんと思うでしょうが、

「昨日唐揚げ弁当だったけど今日も唐揚げ弁当なんだ...」

みたいなことが実際あるんです(少ないケースですが)。

制作スタッフのみなさま、ライブが同じ会場で連日ある時はお弁当のメニューは是非変えていただきますよう、お願いいたします。

たかが弁当、されど弁当、なのです。

 

(2014年6月6日(金) 16:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ