全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 RGM'sドラムスクール スクールブログ スクールの名前...

スクールの名前について

どうも、講師の今村です。

突然ですが、一応スクールの名前について少し触れておきたいと思います。

レア・グルーヴ・ムーヴメント(=Rare Groove Movement)という言葉があります。その頭文字を取って、スクールの名前にしました。
この言葉について語り出すと、このブログだけでは語り足りなくなってしまいますので、Wikipediaなんかで一度検索してみて下さい(笑)。

90年代、イギリスでこのレア・グルーヴ・ムーヴメントが勃発し、その影響でU.Kアシッド・ジャズ(=Acid Jazz)が大いに盛り上がりを見せ、世界を席巻するといったことがありました。
その当時大学生で、バリバリのHR/HMバンドをやっていた(今はもうムリ)僕もその影響を受け、グルーヴのあるドラムってヤツに傾倒していくことになるのですが…。

音楽シーンにおけるレア・グルーヴという言葉のもつ意味は厳密に定義されていて、スクールの意図が本来の意味から少し離れてしまっているのですが、敢えて明言しておこうかと…(そんな大層なことを言うつもりはないんですけど…)。

元々レアって意味には「生(ナマ)の」ってあるしょう?だから直訳して「ナマのノリ」ってことになります。ちなみにWikipediaで調べてみると、「珍しいグルーヴ」「見つけ難い音楽」なんだそうです。
このスクールでドラムを(いや、厳密にはドラムでなくても良いんですけど)をプレイし、自分だけの「珍しいグルーヴ・見つけ難い音楽」を楽しめる人や、近年プログラミングされた打ち込み音楽が多い中、人間の出す自然なノリでもって音楽を楽しめる人が少しでも増えてくれたら嬉しいなぁと…。

少し長くなりましたけど、こんなことを考えて“RGM'sドラムスクール”という名前をつけることにしました。

お粗末。

 

(2008年11月13日(木) 22:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

踏み出そう!大学から始めた努力家のコツをおさえたレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ