全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室埼玉 ポコタンドラム教室 スクールブログ 野外でドラム

野外でドラム

こんにちは! 講師のハヤシシンイチロウです!   

前回お話しした通り、今回は汗と涙の野外練習についてかきますね!

野外の練習は場所は、他人や他の動物に迷惑にならない場所なら、どこでも良いと思います。 その日の気分で好きな場所でOKです。 お金も一切かかりません!

でも良い事ばかりじゃありませんです。 まず2,3月は得に花粉が大敵です。花粉は1年中色々な種類の花粉が飛んでます。 後はたまに中国から飛んでくる黄砂。
   

雨には相当悩まされます。 天気も良くいー感じでたたいていると突然のにわか雨、というのはよくあります。特にこれからの季節は、そうかと思います。 

僕の場合は、基本的には行く前から雨の時は、止めて家で練習パットで練習。もしくはスタジオ。もしくは仕事先のジャズクラブに早めに行って練習。もしくは橋の下、トンネル。っといった感じですが、どうしても急に雨がぱらついてきて、そんなに大したことの無い雨、しとしと雨の場合は、ある手段で続行します。


自分の車はワゴン車で、いつも後ろのハッチ(上に開く、屋根になるタイプ)を上げて
自分のすぐ横に後ろの荷台のスペースがある状態(そこに荷物やら、メトロノーム、時計、譜面、等練習に必要な小物を置いてやる)でやるのですが、ここで、でっかいブルーシートを使います。

縦横大体2.5メートル位のブルーシートをハッチの屋根に被せ、端をガムテで止め、反対側にシンバルスタンドを少し高めにして2本立て、シートを被せ、ガムテでとめる。これで完成!  ワゴン車の後ろに変な青い部屋のようなものがでていて、そこからドンドコドンドコ音が聞こえてくる。注目度120%。


夏場は蚊、スズメバチ、変な害虫、が脅威です。 が続きは次回に!






 

(2009年4月8日(水) 9:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブは320本/年!複雑な技術~屋外ライブで襲い掛かる虫の話まで

ポコタンドラム教室
林伸一郎 (ドラム)

立川・小手指・所沢・新所沢

ブログ記事 ページ先頭へ