全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 プレイドシック・ドラムスクール スクールブログ 音楽脳と言語脳

音楽脳と言語脳

みなさんお久しぶりです!

なかなかブログを更新できない日々を送っていましたが、ブログの裏技を発見し
たのでこれからはこまめに更新していきます!





初っ端何やら深そうで浅そうなタイトルですね


では早速


人間の『耳』に関する脳は2パターンあるらしいです

音楽脳と言語脳

ちゃんと解明されてるわけではないので詳しいことはよくわからないのですが

まず言語脳

名前のままなのですが



言語を掌る脳が発達しています
日本人は特によく発達しているそうです

音を聞き取るのも言語脳なので、大体の音は文字で表せますよね


それが苦手なのが欧米系の人達

人種の違いというよりかは文化の違いですよね

音楽脳ってやつです

彼等は全ての音を音程とリズムで聞き分けます
表すのもね

文字がそうですよね?

子音と母音を組合せて初めて言語になる

日本語には子音と母音の概念はないですもんね

何てったって『いろはにほへと』ですからね

50音は欧米文化を真似て、子音と母音の概念を持たせるために後から作ったもの
ですからね

そのかわりに欧米文化の方達は言語脳がちょっと…ね笑

だから日本の、とくに言語が巧みな京都文化に憧れるんでしょうね


話が大幅にズレましたが笑


要するに言いたいのは


良く聴くこと


聴いて聴いて、聴きまくる

CDの面にキズがついて聞けなくなるくらい

円周傷っていうんですけど笑

何度も聴いてプレイヤーがそれぞれどんな時に何をやっているのかを耳で理解す


こうやって音楽脳を鍛えていけば
素晴らしい音楽性が身に付くはず!


最初のうちは記譜したりして
言語脳に手伝ってもらいながら
徐々にね




以上
中級講座みたいなブログでした!


☆Drums.SOTA

 

(2008年9月30日(火) 22:29)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ