サイタ音楽教室ドラム教室神奈川 プレイドシック・ドラムスクール スクールブログ 7割の力を10...

7割の力を10割に

人間の力は本当の力の7割しか出せないと言いますよね。

無理にすべての力を引き出そうとすると身体が壊れてしまうんですよね。

いわゆる潜在能力というやつでしょうか。

音楽にも似たようなことがあります。

練習で出来た事を本番で100%出そうとすると失敗して音楽が空中分解する、なんていう事がよくあります。

なので70%程度の実力で本番を乗り切ることが殆どです。

しかし、100%の実力でステージを乗り切る方法があるんですねー。

練習やリハーサルのときに、本番を想定して挑むんです。

ライヴハウスの機材、客の歓声、嬉しいアクシデントや悲しいアクシデント、
他にもいろんな事をね。

かなり精神論に近いですが、これは効きますよー。

一流アーティストは殆どの人がそうやってリハーサルをこなしているんですねー。

是非実践してみてください!!

 

(2008年1月19日(土) 22:41)

前の記事

次の記事

新着記事

意識は小指側へ 親指でも人差し指でもなく 小指側先導で ドラムもピアノもベースも同じ いかに小指を使うかがポイント 肘の振り子もお忘れなく

ダウンストロークを フレンチグリップで タップストロークを アメリカングリップで アップストロークを ジャーマングリップで 順番に繰り返してみてください。 慣れて来たらリバウンド重視で 肘を先行に できました? 毎日5分ずつやってみましょう。

… ……!? …ちがいますっ! 僕の髪型は基本普通です! 切るときはベリーショートで ミディアムかボブ位まで伸びたら切ります なので美容院は2ヶ月周期 エコノミースタイルです はい、 今回はラテンのリズムについて 『ラテンジャズ』 『ラテンダンス』 などとして名...

ビックリシステムは面白いですよね 初心者の方にとっては普通のフィルインでさえビツクリですね このビックリ うまく使えば『飽きさせない音楽』が可能になるのでは? 思わぬところにアクセントを入れてみたり 意外性たっぷりですよね 急にリズムを止めてみたり まさに『休符を演奏する』...

今、自分改造計画を実施中です。 足順を全て左スタートに矯正中。 長年の癖を直すのは至難の技ですね。 でも見事クリアした曉には…ねっ!

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ