全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 PADドラムスクール スクールブログ ドラマーは落ち...

ドラマーは落ち着くのだ。

皆さんこんにちわ。
講師の-杉山聡信-です。

今回はフィルで走ってしまう人へのアドバイスです。
ドラマーはリズムキープが求められます。

意図的にテンポを落としてタメを作ったり速くしてライブ感をだして曲に抑揚をつけますが、それにはなかなか熟練したカンがいります。

ただただ走ってしまうと周りのプレイヤーも大変です。


リズムパターンを叩いている時は安定してるのにフィルや小難しいフレーズを叩くと走ってしまうという方!


それはフレーズに気を取られてリズムキープができてないからなんです。

じゃあどうすればいいのでしょうか。




やはりクリックです。

メトロノームを使って練習するのが確実です。
侮るなかれ!!
これが案外難しいです。


1~3小節はリズムパターンで4小節目に1小節全部使ってオカズを入れましょう。それの繰り返しです!
テンポは70くらいからでオッケー。


この練習のいいところはリズム感を養うだけでなく何回もやってくる4小節目のフィルをこなすことで引き出しが増えてアドリブに強くなります。

最初の方は毎回違うフレーズがでてきますが、段々煮詰まってきて同じパターンになってきます。

が!!


それを変えようと頑張って下さい!!
ピンチはチャンスです。
こうゆうときこそ思いがけないフレーズが生まれてくるもんですよ~♪

 

(2008年8月19日(火) 1:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

ブログ記事 ページ先頭へ