サイタ音楽教室ドラム教室大阪 PADドラムスクール スクールブログ ドラマーは落ち...

ドラマーは落ち着くのだ。

皆さんこんにちわ。
講師の-杉山聡信-です。

今回はフィルで走ってしまう人へのアドバイスです。
ドラマーはリズムキープが求められます。

意図的にテンポを落としてタメを作ったり速くしてライブ感をだして曲に抑揚をつけますが、それにはなかなか熟練したカンがいります。

ただただ走ってしまうと周りのプレイヤーも大変です。


リズムパターンを叩いている時は安定してるのにフィルや小難しいフレーズを叩くと走ってしまうという方!


それはフレーズに気を取られてリズムキープができてないからなんです。

じゃあどうすればいいのでしょうか。




やはりクリックです。

メトロノームを使って練習するのが確実です。
侮るなかれ!!
これが案外難しいです。


1~3小節はリズムパターンで4小節目に1小節全部使ってオカズを入れましょう。それの繰り返しです!
テンポは70くらいからでオッケー。


この練習のいいところはリズム感を養うだけでなく何回もやってくる4小節目のフィルをこなすことで引き出しが増えてアドリブに強くなります。

最初の方は毎回違うフレーズがでてきますが、段々煮詰まってきて同じパターンになってきます。

が!!


それを変えようと頑張って下さい!!
ピンチはチャンスです。
こうゆうときこそ思いがけないフレーズが生まれてくるもんですよ~♪

 

(2008年8月19日(火) 1:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着記事

ドラムは。 手足がばらばらーーーーーー!! て思ったことありませんか? でも意外と決められたパターンに乗っかっていまして、規則性があります。 もちろんむちゃくちゃバラバラにしてそうなリズムもあるんですが、ポピュラーミュージック(J-POPとかロックとか洋楽と...

こんにちわ! 講師の-杉山聡信-です。 明けましておめでとうございます。 今年もPADドラムスクール、宜しくお願いします。 年末からの怒涛のLIVEラッシュで各地を飛び回っていました。 カウントダウンもステージで迎え、今年もガンガンドラム叩いていこうと思います。 色んな...

こんにちわ! 講師の-杉山聡信-です。 ドラムには『なんや簡単やろこんなん』と思うようなこと程難しいってのがよくあります。 今回はレッスン中のスティックコントロールのトレーニングではこんな事もやってます!ってのをチラっと動画でご紹介しようと思います。 32分音符(あーも...

こんにちわ! 講師の-杉山聡信-です。 バンドの中のドラマーといえば、縁の下の力持ちとかバンドの心臓とかよく言われますがもうひとつ。 LIVEの時には特等席でもあるんです。 僕がLIVEをする時はそんな事を考えながら演奏しています。 お客さんとしてLIVEを見...

こんにちわ! 講師の-杉山聡信-です。 前回機材の話をしましたが、その昔歩くカタログと言われてたぐらい機材マニアのドラマー友達がいました。 皆でカラオケで楽しんでる時にもドラムマガジン。 カバンの中にはメーカーのカタログ。 携帯のウラにはPearlのステッカー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ