全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ゴールドドラムスクール スクールブログ 「ドラム」って...

「ドラム」ってどんな楽器なの?

「ドラム」とはどんな楽器なのか。。。?

ドラムは西洋で発達した楽器として、現在はほとんど全てのジャンルの音楽にはなくてはならない核心的な楽器の中の一つです。

ドラムが最初から現在のようなセットで構成されたものではなく、
ドラムセットの各部分部分を一人ずつ演奏をしています。

つまり、ドラムにおいて最も重要な3つの構成要素であるBass drum、Snare drum、cymbalsをそれぞれ1人ずつ演奏しました。
オーケストラでそれぞれの演奏者たちがいるように、また楽隊などで行進をしながら演奏する演奏者たちを見たらそれぞれ一つずつ楽器を持って演奏しているのを分かります。

これが、もし、一人が演奏をしたらどうか考えるようになって、今日まで演奏する方法の発展や品質とデザイン、様々な構成要素とともに、個人の特色を生かして、さまざまな形態のセットドラムが生産されています。

ドラムにおいて最も重要な要素ではBass drum、Snare drum、cymbalsですが、それぞれが基本的な役割を持っています。

まず、Bass drumはドラムにおいて最も低音を示して、心臓部と同じ役割をしながら、全般的なリズムの役割をします。

そして、Snare drumは最も音域が高く、大きな音を示して、Snareをどのように演奏するかによって全く違うサウンドを出します。脈搏と同じ役割をしながらAccentの役割をします。Snare drumは個人の好みによってもともとセットに含まれたSnare drumを使用せず、他のブランドの製品を使用することがほとんどです。その価格もとてもの幅が大きく、高価製品はSnare drum1台が全体のドラムセットの価格を超える場合もあります。

最後にcymbalsなのにその中でもHi-hatという楽器で、上下全体2枚のcymbalが重なって様々なサウンドを示して、全体的な拍子の役割をします。

以上に、ドラムについて簡単に調べました。

次のブログではドラム演奏において必須な
Metronome(拍子機械)について調べてみます。

ありがとうございます~^*^

「ドラム」ってどんな楽器なの?「ドラム」ってどんな楽器なの?「ドラム」ってどんな楽器なの?

(2014年5月23日(金) 14:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

軍楽フェスティバルで演奏も。初心者からプロ志望まで幅広く対応!

ゴールドドラムスクール
金泯錫 (ドラム)

博多・天神/西鉄福岡・薬院・西鉄平尾・赤坂・西新・室見・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ