全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 もももドラムスクール スクールブログ 基礎は絶対??

基礎は絶対??

さて、本日は何を語りましょうか。。

昨日はいきなり若干マニアックなものを紹介してしまったので、今日は基礎の基礎。
「スティックの持ち方」について語ってみましょう^^


過去に腱鞘炎に悩んでいるドラマーと出会ったことがありまして、彼はドラマーとして成長する過程に腱鞘炎があると思っていたらしくw

痛みを我慢して叩き続けていたそうで、そのまま続けていては楽しくドラムを演奏することがかなり困難になると思い、ほんの少しのアドバイスをしました。


まず、脱力。

スティックを握る力はほんの少ししか必要ないんだよということと、それによるメリット。

同じ太鼓を叩いても音質をある程度まで自由に変えられるということです。

これにより体の負担を減らし(勿論腱鞘炎になどなりませんw)、さらに表現力を高めることができ結果、より楽しくドラムを演奏することができるということです。


これを更に訓練することで、フレーズそのものの色気的なものが増し、より体の負担も軽くなり、高速フレーズと言われるものも大した力を使わずにこなすことができます。


では、具体的にどうするのか。


それは文章で説明するのは非常に難しいのですが。。。少しだけ頑張って触れたいと思いますw



まず、人差し指と親指でがっちり握るのをやめる!

どちらかと言えば手のひら全体で包み込み、それを指で補助するという感覚です。

これに慣れることによって、「硬い音」「柔らかい音」等を指の当て方で使い分けることができてしまいます。


そしてこのグリップ(握り方)に慣れると、肘や肩を使いさらに表現を昇華させることが可能になります。


・・・ぅぅん。なんだか分かり辛い上に既にグリップの話じゃなくなってきてますね^^;


収集がつかなくなりそうなのでこのテーマはまた次の機会にしましょうねw



でも、それだけ基礎というのは大事で奥が深くて楽しいものなんだと。


そういったものを感じていただけたら幸いですね♪


そういう僕は基礎をすっとばして派手なことばかり練習して、基礎を始めたのはほんの最近なんですけどねw


いつかは通る道だと思いますので、最初は必ず基礎から!なんて考える必要はありません^^


自分で気が向いた時、基礎の必要性を感じた時に、あくまで自主的に始めればいいんです。


細かいことは気にせず、楽しくドラムライフを過ごしていきましょう♪


ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

 

(2009年4月1日(水) 23:45)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ