全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 ミーティング・ドラムサークル スクールブログ ドラムを始める...

ドラムを始める時期って。

こんにちは!
ミーティングドラムサークルの辻です!

さて。
最近TV等で「天才少年(少女)ドラマー!」なんて特集を放送しているのを見ます。

いやー!凄い!の、一言です。

ドラムを叩いている時の姿は、子供には見えません。
もう大人。ですね。

あるドラマーの方から聞いた話ですが、キッズドラマーはレッスン中に新しいフレーズを教えると、その日のうちに叩ける様になってしまうそうです。

私なんかは、一時間、一週間と掛かるフレーズを一日で完成させてしまうから、驚きです。

やはり、子供のうちから始めると、吸収力が違うのですね。

では、ある程度年齢を重ねてからドラムを始めると不利なのか。
答えは、必ずしもそうではないです。

確かに、早いうちから始めると、手足がよく動きますし、難解なフレーズも覚えやすい。

しかし、ドラムはそれだけが正解ではありません。

ドラムに限らず、楽器は自身の体を使って演奏します。
叩く人間の気持ちが入ります。
なんだか精神論の様ですが、これは本当の話。
同じドラムセットを使っても、叩く人が変われば音も変わってくるのです。

大人の方なら、今までの人生経験が滲み出る様な演奏は、魅力的です。
高校生や大学生の方にも、いろんな思いがあってドラムを叩くと思います。
それを素直にドラムに込められればいいと思います。

なので、ドラムを始める時期は、いつでもいいのです!

ここまで話してきましたが、気持ちを込めると言ってもやはり最低限覚えて欲しい、基礎は存在します。

「あなたにしかリズムを、ドラムで表現しよう!」
ミーティングドラムサークルのテーマです。

このテーマには裏テーマも存在します。
「ドラムで表現する技術と心構えも、習得しよう!」

なんだか固い話のようですが、音楽は「音を楽しむ」で音楽です。
レッスンを通じて音楽の楽しみを伝えられる様、頑張ってます。

 

(2008年7月13日(日) 0:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中高生指導経験。叩きたい気持ちを大事にする明るいレッスンが大人気

ブログ記事 ページ先頭へ