全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 練習時の持ち物

練習時の持ち物

近場のリハスタで個人練習に入る時に持って行くものを書きます。

・スティック
説明不要ですね。一応スティックバッグには複数種類入っていてその時々で使うスティックをチョイスします。

・ペダル
ペダルについては私は絶対にツインペダルでないと嫌なのでペダルは必ず持って行きます。サウンドスタジオノアのようにレンタル出来る場合はスタジオの機材を借りることもありますが、やはり自分のペダルが慣れていていいですね。

・譜面
譜面は時と場合によります。ライブの予習・復習を兼ねた練習であれば譜面は持って行きますし、取り組んでいる教本があればそれを持って行きます。ちょっとした基礎練習やパターン練習なら持って行きません。

・iPhone(とイヤホン)
iPhoneのメトロノームアプリの音に合わせて練習をしたり、曲を流しながらそれに合わせてドラムを叩く練習はよくやります。たまに演奏の様子を録画してフォームのチェックなども行います。

iPhoneがあることで練習の幅が本当に広がります。iPhoneさまさまですね。

ただ練習の合間にすぐメールチェックをしてしまったり気が散る原因にもなるので使い方を気を付けないと、気付いたら練習そっちのけでツイッターに夢中になっていたなんてことになりかねません(たまにあります(笑))。

練習はあくまで集中してやりましょう^^

・延長ケーブル
イヤホンの延長ケーブルは持って行くことが多いです。市販のイヤホンのケーブルは日常使用を前提に作られているのでケーブルが短めなんですね。ですがドラマーからすると短すぎるので延長ケーブルを持って行きます。

ただ接続箇所が増えるとその分接点不良などのリスクが高まるので本当は持って行きたくないのですがね。メーカーさんがドラマー専用のイヤホンを出してくれればいいんですが。

・変換プラグ
イヤホンのミニジャックをフォンジャックに変換する変換プラグは常備しています。ミキサーは基本的にフォンジャックなのでミキサーを使う時にはこのジャックが役に立ちます。


※ミキサーはご無沙汰バンド(ジャーニートリビュートバンド)のリハの際はミキサーを持って行きます。(ミキサーと言っても小型の12chのヤツです)自分のコーラスをモニターするためや同期演奏の打ち込みオケやクリックを返すために使います。


それから、以前は持っていったもの(最近は持って行かなくなった)としては「イス」ですね。

私はサドル型のイスを愛用しているのですが以前は丸い座面のイスだとなんだか違和感があって気持ちよく叩けなかったのです。

歳を取ったらその辺りの事はどうでもよくなってきたようですが(笑)。


あとはタオルとか飲み物とかでしょうか。

あれこれ持って行くと大荷物になりますがこれはドラマーの宿命です。

重くても筋トレだと思って頑張って乗り越えましょう(笑)。

 

(2014年5月20日(火) 13:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ