全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 ミーティング・ドラムサークル スクールブログ 楽譜なんて簡単...

楽譜なんて簡単だ!

こんにちは。
ミーティングドラムサークル講師の辻です。

ジメジメした日が続いていますね・・・。食べもが腐りやすい季節なので、充分気をつけてください!(食べ物の話ばっかりだ・・・。)

これから、楽器を始めようとする人にとって、一番最初の壁は、「楽譜」でしょう。

私が打楽器を始めたのは、高校時代に入部した「吹奏楽部」からです。
それまでは、音楽とは無縁?な生活をしていました。高校に入るまでは、絵に描いたような野球少年で、音楽の時間は、ボーっと過ごしていたので、音符なんて全く分かりませんでした。

そんな私が、1年で音符(楽譜)を、スラスラと読めるようになった、「3つの訓練」を紹介したいと思います!

1:子供用の教材を使う!
一見、バカにされた様な気を起こしてしまいそうですが、これが、とても良く出来ているのです。
子供は、論理的思考よりも、直感的思考を使って物事を考えます。
っと言う事は・・・・。
見ただけで、音符の構造が理解できる。っと言う事です。
ピアノ用の教材でも、音符の構造を説明している本は沢山あります。
まずは、「どんな音符があって、それが何なのか。」を理解する事が大切です。



2:ドラム譜を歌ってみる。
ドラムはピアノやギターの様な「メロディー楽器」ではありません。
ドラムで使われる楽譜は「叩く場所を指定している」だけなのです。
なので、ドレミが読めなくても大丈夫なのですっ!
「1」音符の構造を理解したら、ドラム譜を見るのではなく、歌ってみましょう!
ここは、レッスンの時にしっかり説明しますので、ご安心をっ!!

3:ドラム譜とCDを聞き比べてみよう!
ここまで楽譜と付き合えるようになったら、実際に市販されている楽譜とCDを聞き比べてみましょう!
市販されている楽譜は1曲500円程度で売られているので、挑戦してみましょう!
ここで気をつけなくてはならないのは、いきなり出来なくても問題ない。っと言う事です。
徐々に慣れていけば良いのです!

私は、高度な音楽の専門書は年に数回しか見ません。
それも、パラパラ眺める程度です。
楽譜は、とても良い演奏パートナーです。

レッスンでは、楽譜の読み方、音符の構造についてもしっかりレクチャーしますので、初心者の方も安心してレッスンを受けてくださいね!


 

(2007年7月23日(月) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中高生指導経験。叩きたい気持ちを大事にする明るいレッスンが大人気

ブログ記事 ページ先頭へ