全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室宮城 プラス1・ドラムスクール スクールブログ 完全コピーは栄...

完全コピーは栄養満点!!

 ミュージシャンなら誰しも、脳天に雷が落ちたかのごとく
強烈なインパクトを受けてしまった「曲」があるはずです。
そしてその曲を、フレーズを、コピーしてみたいという衝動
に駆られることは、至極自然なことだと思います。
みんな真似からスタートするものと認識しております。
(いきなりオリジナルだぜ!っていう方もいるかもしれませんが、
一般的にということで・・・)

さて、この真似についてですが、どうせコピーするんなら完全なる
コピー、俗にいう完コピをおすすめします。

いろいろな曲達は、アーティストが粉骨砕身で世に生み出したもの
であり、ことさら名曲と呼ばれる曲の数々は、何年にも渡り淘汰
を繰り返し、完全無欠で普遍なものとして存在しています。

コピーしようと思った曲を、何度も繰り返し演奏するうちに、気に
なることができてくるはずです。それは、「なぜ、このフレーズ、
フィルを用いたのだろう」ということ。
そこに気がつければ、曲全体のアレンジも、ポイントで効果的に
仕上がっていることに驚かされるはずです。

そうです、フレーズ、パターン、ブレイク、全てに意味が
あり、必然なのです。(そうじゃないのもありますがね、とりあえず)
そして、ここで重要なのが、音色、ダイナミクス、走る・
レイドバックするなどの間、それらも含めて、できれば完璧なコピー
が望ましいです。出来る範囲でですが。

リスペクトするアーティストなら尚のこと、曲の完全なるコピーを
することで見えてくる世界が確実にあり、あなたの今後の曲作りや
アレンジにも計り知れない影響を与えてくれることは必至です。

 

(2014年5月19日(月) 15:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

スカパラメンバーと共演も!スティックの握り方からリラックスしてレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ