全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 固定費の見直し...

固定費の見直し6

MVNOに乗り換えるとどう変わるか。

月額料金が2000円くらいになることはすでに書きました(みおふぉんの場合)。


■通話

・発信
普通に電話をかけることはしません。料金が高過ぎて不経済です。

固定電話や携帯電話の番号にかける際はLINE電話をメインで使います。私は通話はほとんど使わないのでかけた分だけお金がかかるコールクレジット(携帯:14円/分_固定電話:3円/分)で十分です。頻繁に携帯にかける人は30日プランの方がいいかも知れません。

相手がLINEユーザーなら無料通話で話しますから0円です。

以前友達とLINE電話の実験をしてみたのですが(友達:Android/私:iPhone5)、LINE電話は品質も十分で音声の遅れもほとんどなくかなり優秀だと感じました。さきほどもスタジオノアに予約の電話を入れましたが会話は非常にスムーズ。1分ちょっと会話して6円でした。使った料金が一目で分かるのも良いところですね。

※LINE電話だと発信者番号通知が国際電話みたいな表示になってしまし場合によっては相手が不審に思って電話に出てくれないかも知れません。その点だけは相手にちゃんと説明しておきましょう。


・受信
受ける際はこれまでの番号がそのまま使えるので普通に受けます。


■通信

扱うデータによって回線を使い分けます。

1.MVNO回線(低速)
メール、ツイッター、ブラウザ(普通のサイト閲覧)など

2.MVNO回線(高速)
facebook、ブラウザ(重たいサイトを見る)など

3.Wi-Fi
Youtubeなど

※facebookは低速回線でもいけるかも知れません


みおふぉんの最安プランの場合は高速回線での通信が出来るクーポンが1GB分付いています。扱うデータが小さい場合はクーポンを使わず、ちょっと重たいサイトを見るとか少し大きめのデータをやり取りする時などはクーポンを使って高速通信します。

そして動画データのような非常に大きなデータを扱う時はWi-Fiの電波を使います。

このように扱うデータによって回線の太さや種類をこまめに使い分ければ1GBの容量でも十分やっていけると私は思っています。

「でもさ~、高速と低速をいちいち切り替えるなんてめんどくさいんだよね~」という方。

出ましたね「めんどくさい」が(笑)。

その面倒を避けるために年間数万円払いますか。「そのくらいなら払うよ」という方は迷わず3キャリアの普通のスマホを使いましょう。

私はその程度の手間で数万円節約出来るのであればよろこんでMVNOスマホを使います。

 

(2014年5月19日(月) 13:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ