サイタ音楽教室ドラム教室千葉 ミーティング・ドラムサークル スクールブログ グルーヴ論で騒...

グルーヴ論で騒がれていますが。

こんにちは。ミーティングドラムサークル講師の辻です。


過去最強級の台風(この表現、なんだか変ですよね?)が近づいていますね。

さて。どんな事を書こうかな。っと考えている時に、後輩ドラマーの話を思い出しました。

「グルーヴって何ですか。どうすればいいですか?」

巷では、グルーヴ系ドラマー!っとか、グルーヴなドラミングなんて言葉をよく聞きます。
私自身、ちっとも分かりません!(笑)

っとは言え、若輩者の解釈を・・・。

グルーヴを意識して叩いていたら、それはグルーヴでは無いと考えています。
グルーヴは、その人が叩く音そのものを指すと思うのです。
続けて叩いていれば、音も、少しずつ変化していきます。
それこそが、生きたグルーヴだと思うのです。

ミーティングドラムサークルの理念は「生まれ持った貴方だけのリズムを、ドラムで表現しよう!」です。

なので、グルーヴを意識し過ぎず、思った通りに演奏しましょう!


 

(2007年7月15日(日) 2:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中高生指導経験。叩きたい気持ちを大事にする明るいレッスンが大人気

ブログ記事 ページ先頭へ