サイタ音楽教室ドラム教室千葉 ミーティング・ドラムサークル スクールブログ ドラマーのイメ...

ドラマーのイメージって・・・。

こんにちは。ミーティングドラムサークル講師の辻です。

以前、ボランティアでドラムを教えていた時の生徒さんに言われた事です。

「ドラマーって、激しいものが好きで、何も考えてない様な人だと思っていました。」

その人曰く、ドラマーはビール片手に、とにかく激しくドラムを叩き、普段の生活も、荒れている人。
っと、マンガの様なイメージを持っていました。

ちなみに私は、お酒は呑まない・夕飯は納豆とお新香がメインの、質素な生活をしています。(笑)
気分の良い日は、ハンバーグだって作っちゃいます。

話が脱線してしまいましたが、ドラマーは、確かにステージの中央で激しくドラムを叩いています。

ドラムに限らず、打楽器は「音楽のスパイス」と表現される事があります。

これは、的を得ている表現ですね。
バラードの曲で、激しく叩く事は無いですよね?
しかし、ある一箇所だけ、派手に叩いたとしたらどうでしょうか。
もしかしたら、とてもカッコイイ演奏になるかも知れません。

しかし、楽曲の構成・メンバーの技量等を、トータルで考えて行うべきなのです。
だって、塩も使い過ぎたら、塩辛いだけですからね。
沢山の演奏経験と、失敗を繰り返すからこそ、考えられるので、急に出来なくても問題ないのだぁ~!

実はドラムは、頭も使う楽器なのです。
頭を振って叩くって意味ではありません!!(笑)

あっ。頭でシンバルを叩くってのも、良いかもしれません。
冗談ですってば・・・。

ドラマーは、常に冷静でありながら、熱く叩くのが本当の姿かも?!








































ブログランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング
ブログランキングranQ
CoRichブログウォッチ!
ブログ検索☆BITZ


 

(2007年7月12日(木) 23:55)

次の記事

この記事を書いたコーチ

中高生指導経験。叩きたい気持ちを大事にする明るいレッスンが大人気

ブログ記事 ページ先頭へ