サイタ音楽教室ドラム教室兵庫 板倉ドラムス スクールブログ 考え方いろいろ

考え方いろいろ


私のレッスンでは、あまりルーディメントがどうとか、パラディドルがどうとかは最初から言わないようにしています。

もちろん、最低限のストロークレッスンはありますよ。しかしそれよりも、手と足のコンビネーションで「演奏」に近づけるような内容が多いです。

なるべくなら、早く他の楽器と合わせたり、早くステージに立って経験を積んでほしいからです。

そんなこと言われても、下手なまんまステージに立って恥をかくだけじゃないかとおっしゃる方もおられるでしょう。
でも、いくらストロークの練習をしたところで、ビートもまともに叩けないのでは他の楽器とは合わせられませんよね。

ありがちなのが、オカズはすごいハデなフレーズが叩けるのに、全くグルーヴも何もないペラペラなビートのドラマーです。

考え方や主張は人それぞれですが、独りよがりのハデな演奏で満足するのか、演奏者のみならずお客さんも含めた全員でグルーヴを楽しめるのか、その違いです。

私はドラムセットに座ると、ストロークの練習は全くしません。せっかくドラムセットがあるのになぜビートを叩かないのかとばかり、果てしなくいろんなリズムパターンを試します。
それを録音しておき、その場で聴いて修正できるものと、じっくり聴いた時にわかるクセもあるんですよね。
決してナルシストではありませんが、鏡もあれば使います。フォームチェックと自分の楽器から目を離す練習も兼ねています。

結局、何が目的なのか。

私にとっては本番であるステージや、レコーディングです。
一生懸命頑張って練習しても、本番で失敗しまくっていれば、その苦労は時間のムダになります。お客さんは結果しか見ることができませんからね。

自分にとって大事なものは何か。
それを基準にして練習方針を決めていただければいいと思います。
厳しいことを言いますが、やみくもに叩いていても上手くはなりません。
頑張ってください。

 

(2014年5月17日(土) 13:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動15年!基本はもちろん、ステージ経験も聞ける

新着記事

スクール開講日時を変更させていただいています。 これまでは平日も開講していたのですが、これからはほぼ土日のみとなります。 音楽活動を再開する可能性が出て参りましたので、生徒数もそんなに増やせなくなりました。 ですが、いったん受講する(入会)と決められた方には誠心誠意レッスンさせて...

スクールのコーチだからといって、教えることばかりではありません。 生徒さんに教わることもあります。 例えば、生徒さんがやりたいと持ってくる音源。 知らないアーティストがいっぱいです。 私は全ての音楽に精通しているわけではありませんから、中には衝撃的なものもあります。 ...

本日5月1日は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、故アイルトンセナ選手の命日です。 今から21年前の1994年の今日、セナ事故死の報は世界中のF1ファンに衝撃を与えた事件でした。 ドラムに全然関係ない話題で始まりましたが、生前のセナのインタビューなどを見聞きしていくうちに、自分...

私は人前で練習することはありません。 複数のバンドがひしめくイベントの楽屋でも、本番直前にスティックを少し振って終了です。 冬場だとじっくりストレッチをして、スティックを持ってゆっくりと振り、だんだん早くしていって終了、と、少し手順が長くなる程度。このブログよりもシンプルです。 ...

仕事であれ趣味であれ、上達していくといろんなことができるようになっていきますよね。 コミックだと、作家さんの絵が何巻からかどんどん上手くなっていったりするような感じです。 長く続いている作品だと、1巻と最新巻の絵が別物じゃないか、というようなケースもありますよね。 某作品のお巡りさん...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ