全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 固定費の見直し...

固定費の見直し4

通信料金の見直しについて書いています。

「月々使えるパケット量は1GB~2GB程度で構わないので、その分月額料金の安いスマホ」

を求めていろいろと調べました。

■案①
まず最初は携帯キャリア(docomo、au、ソフトバンク)のスマホのプランで安いものはないかを探しました。

ですがこれはすぐにダメだと結論が出ました。

(1)スマホはパケット使い放題のプラン限定というケースが多く安いプランがなかなか選べない。

(2)従量制でスタートしてある一定量以上使うと固定額というプランは私の使い方だとむしろ割高になるので論外。

(3)完全従量制プランで契約できるキャリアもあるが(上手く運用すれば月額料金は抑えられるものの)「万一大量のパケット通信をしたら即死」という別のリスクが発生する。

従量制の契約でもし何かの拍子に動画なんか見て大量のパケット通信をしてしまった日には何万円、何十万円という請求がくる可能性があり危険です。

よく、海外で深く考えずネットにつなぎまくって後日数十万円の請求が来る話を聞いたことがありませんか?あれを「パケ死」と言うらしいのですが、従量制プランを選んだ場合は日本国内でパケ死する可能性があります。

「いや自分は絶対にWi-Fiの電波でネットにつなぐからパケ死はしない」という人もいるかも知れませんが、スマホは最初の設定の時などにどうしてもパケットで通信をする必要がある場合があります(Wi-Fiでは出来ない)。

また何かスマホに不具合があって初期化して再設定をしなければならなくなった場合などはどうしてもパケット通信をするケースがあるので、その時はパケット代がもろに請求されることになります(※)

せっかく月々のスマホ料金を節約していても一度のミスや不具合で帳消しになっては元も子もありません。月々の料金が安く済む代わりのリスクとして受け入れるのもありですが、私はそれは割に合わないと思ってこの方法を取ることは止めました。

※キャリアによってはこういう設定分のパケ代は請求しない可能性もあります


■案②
その後いろいろと調べてみてMVNOを利用するのが自分には合っているのではないかと思い始めました。

MVNOとは日本語では「仮想移動体通信事業者」と呼ばれ、NTTドコモなどのキャリアから無線通信サービスの設備を借り受けて、移動体通信サービスをリセールする事業者またはサービスのこと。(ショッピングモールで有名なイオンが携帯やスマホを売り出すと報道され一時期話題になりました)

MVNO業者の数は多くプランも豊富に用意されているので探せば自分の使い方に合ったものが見つかると思います。なにより月額料金がかなり低く抑えられているのがいいですね。場合によっては1000円以下での運用も可能です。

※ネットで調べた限りでは「みおふぉん」が自分には一番適していると判断したので「みおふぉん」に移行しようと考えています。

今とほぼ同じ使い方が出来て月々の支払いが何千円も安くなるのだったら絶対にこちらの方がいいと思うんですが、TVCMとかで見かけないので「こういう方法でスマホを使うやり方があるんだ」ということを知らない人がほとんどでしょうね。実際私もちゃんと調べるまでは全くノーマークでしたし。

そこをちょっと踏み込んで調べることで年間数万円の差になるのだから手間を惜しまず調べることは大事だと思います。

何度も繰り返し書いていますが、同じお金を払うなら通信料なんていうあやふやなものに払うのではなく楽器とか機材とかCDとかDVDとかに使いたいんです、私は。

そのためだったらこのくらいの手間は惜しみませんね。

 

(2014年5月16日(金) 9:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ