全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 4月13日 お...

4月13日 おくりびと

今日 映画の「おくりびと」を見ました。
色んな描写で主人公を取り巻く環境を描いている映画(僕なりの表現ですが)なのですが、
その主人公が出会った納棺師という仕事。


ワシの幼なじみに 葬儀屋で仕事をしよるヤツがおります。

そいつんちは爺ちゃんの代から葬儀屋で、
そいつの親父も後を継ぎ、そしてそいつも今は家業を継いでいます。

ワシが広島からこっちに出て来る前に婆ちゃんが亡くなったんじゃけど、
その時 そいつに送り出してもらいました。

親父同士も幼なじみで、ワシもそいつとは小さい頃からの付き合い。
うちの婆ちゃんのコトもよく知ってます。

葬儀当日、ワシは初めてそいつの働き様を目の当たりにしました。
仕事は凄く丁寧で、婆ちゃんを まるで自分の家族の様に接してくれて。


後日、そいつと話をする機会があり、「あの時はありがとな」って
話をしました。

映画の台詞の中にあったんじゃけど、
「死人で飯を食いやがって」…と。
世の中、葬儀屋のことを実際にそう思う方がおるかも知れません。
そいつも理解してました。
で、話の時に そいつが言っていた言葉に
「葬儀屋って、仕事じゃけど 仕事じゃないんだよ」
って。

天寿をまっとうされた方。
突然の事故で亡くなられた方。
時には幼い子供。
時には同じ町内の顔見知りの方。
友人の家族。

色んな方のお見送りをしているとます。
いつかは自分の家族を送る時もあるんかもしれません。


「さえん仕事かもしれんけど「仕事」とは思ってないよ」
「家が葬儀屋じゃったけぇ葬儀屋やっとるわけじゃないよ」


彼の言うた言葉の真意はわからんけど、
不謹慎なですが、わしはそいつに見送られたいなと。笑

年始、そいつに長男が生まれました。
えぇ親父になるんじゃろうなぁ。笑


今日 改めて、
ヨースケの仕事 凄いなぁ…って。笑
安い言葉かもしれんけど。





 

(2009年4月14日(火) 0:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・目黒・渋谷・原宿・新宿・溝の口・登戸・町田・大井町・都立大学・自由が丘・新丸子...

ブログ記事 ページ先頭へ