全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 がくドラムスクール スクールブログ 僕の初心者時代...

僕の初心者時代(2)ー初めての練習パッド

こんにちは、ドラムコーチの山口です。

前回から「僕の初心者時代」と題して、ドラムを始めたころのことを
思い返しながら書いてみているわけですが、2回目にして
重要な疑問にぶち当たりましたw

「俺、いつまで初心者だったんだろう?」

初心者または初級者から中級までの定義ってないなあってw
ま、この疑問は考えても答えが出ないので、あまり気にせずに行きましょう!

さて、前回は初めてスティックを買って、間違ったビデオも買って
ていうところまで書きました。

スティックを買って、家に帰って教則ビデオを見て
とりあえずスティックの握り方だけは学びました。
#例のビデオはほんとに一番最後にちょっとだけその解説があるのです。
#例のビデオっていうのがなんのことかわからない方は前回の記事をどうぞ。

家には、姉がピアノをやっていた関係で、
振り子型のメトロノームはありましたが、もちろん練習パッドなんてありません。
しかもその時点では振り子型のメトロノームの使い方もよく知らなかったので
メトロノームはただ家にあっただけでした。
使った記憶はありませんw

はじめは自室の畳を叩いてみました。
感触は良かったのですがすぐに畳がボロボロになって
母親にこっぴどく怒られましたw
次に枕を叩いてみました。リバウンドがないので、手首が痛くなりましたw

そして辿り着いたのが、まあほとんどの人がそうだと思いますが
「少年ジャン○」でしたw マンション住まいだったので
かなり近所迷惑だったのではと思いますが、
シングルストロークもダブルストロークも知らず
もちろん譜面も教則本もないのに、部屋が紙屑だらけになるまで
バチバチ叩いてました。今思っても不思議です。
いったい何を練習してたんだろうw さすがに覚えてません。

当時の記憶と言えば、ただただスティックを持って叩くのが嬉しくて
それだけで「少年ジャン○」を1週間かけてボロボロにしてた気がします。
多分、ボロボロになっていく「少年ジャン○」を見て、
「よし、俺いっぱい練習した!」的な達成感にでも浸っていたのかとw

というわけで、僕にとっての初めての練習パッドは「少年ジャン○」だった
ということになります。では、これが練習パッドとしてどうなのか?

うん、おすすめはしませんw 枕ほどではありませんがリバウンドはありませんし
なにより、意外とうるさいんですよねw
今はもっといい練習パッド、音が静かでかつ、リバウンドも適度でゴミもでないw
そんなのがいっぱいあります。皆さんは練習パッドを購入されるときは
住宅事情や叩いた感触など色々考慮して購入してくださいね。
あんまり固いやつは特に初心者のうちは手を痛めますのでお勧めしません。

あ、ちなみに僕の時代に良いパッドがなかったわけじゃないんですよ。
ただ、中学生のお小遣いで買うにはちょっとお高かっただけですw

 

(2014年5月12日(月) 20:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

がくドラムスクール
山口岳 (ドラム)

川崎・大井町・蒲田・千鳥町・矢口渡

ブログ記事 ページ先頭へ