全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 叩いて覚えろ!ノゾミドラム教室 スクールブログ ステージ上に立...

ステージ上に立つ時に考える事

おはようございます、講師のノゾミです。

一昨日の5月4日、某所にて俺はライブがありました。ライブなので勿論ステージの上に立ち、スティックを持ってドラムを叩くわけですが・・・その際、俺は絶対に自分自身にこう言い聞かせます。

俺の演奏は最強だ!

という感じに。笑
いざ本番の時間になり、ステージ上から客席を見下ろした時の光景は演者なら誰もが目にしていますが・・・その日は特にお客さんが多かったですね。男性も女性も、中には髪型がセンスになっている人、刺青の入った人、外国人さん等様々でした。

ああ、今日はこの人達を魅了出来るのか・・・という気持ちが芽生えました。

・・・・・・今考えると少しいきすぎなような気もしますが、演奏する際にそんな高慢さは少なからず必要です。
結論を述べるならば【ステージ上では自分(+他のメンバー)が一番!】

ステージの上では縮こまらず、お客さんが多ければ多いほどカッコ良い姿を見せられるチャンスだと思いましょう!
自己暗示は思った以上に重要です。場数を踏んでいる方は、恐らくはステージの上に立つ前に気持ちを高ぶらせる儀式的なものを1つは持っていると思います。

自分なりの気持ちの高ぶらせ方を見つけ出す、というのは中々効果的です。
電車に乗っている時間、お風呂に入っている時間など、暇な時には是非イメージを膨らませてみて下さいね。

それでは。

 

(2014年5月6日(火) 7:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アニソン~スラッシュメタルまで現場経験豊富!基礎からフランクにレッスン

叩いて覚えろ!ノゾミドラム教室
林望実 (ドラム)

横浜・藤沢・新宿・登戸・成瀬・町田・京王永山・下北沢・代々木上原・梅ヶ丘・経堂・祖師...

ブログ記事 ページ先頭へ