全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ゴールドドラムスクール スクールブログ 講義のとき使う...

講義のとき使うテキストについて

こんにちは。Golddrumのキムです。
今回は「講義のときに実際に使うテキストについて」話したいと思います。

まず、テキストは私自身が作ったものです。なので、講義をするときこれをコピーして次の講義までの練習をするため差し上げます。つまり、買う必要はございません。
テキストの内容は
ドラムに対する基本的な知識から始め、セットドラムの練習までできる内容です。
レベルは下から上まで適切にありますが、初めのブログにも書いたように、最初の基本のStick Controlの比重が重いと思います。

そして、ドラムの練習において重要なメトロノーム(拍子機)はこちらから準備しますが、スマートフォンで無料アプリのダウンロードが可能なので個人練習時にはそのアプリを使用して練習している方がいいと思います。

テキストの具体的な内容とは
1.スティックについて
2.スティックを取る方法
3.基本的な音符について
4.Rudimentの練習用楽譜
5.Set Drumについて
6.ドラムの楽譜表記法
7.基礎リズム
8.Fill-inの練習
9.手の変化に応じた多様なリズムパターン

という順番で構成されています。

まずは2~3カ月コースで決めましたが、個人の進度速度によって変わることができるので、軽い気持ちで挑戦してみてください。

皆さんのいいドラムの練習と演奏を待ってます~!



*ご注意
このテキストは韓国で「ウリヌリ青少年文化センタードラム教室」というドラム教室で使ったテキストとして、すべての著作権は私にあります。
また、テキストのすべての部分が韓国語になっていますが、講義のとき翻訳してしますので全然ご心配しなくても大丈夫だと思います。

講義のとき使うテキストについて講義のとき使うテキストについて講義のとき使うテキストについて

(2014年5月1日(木) 15:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

軍楽フェスティバルで演奏も。初心者からプロ志望まで幅広く対応!

ゴールドドラムスクール
金泯錫 (ドラム)

博多・天神/西鉄福岡・薬院・西鉄平尾・赤坂・西新・室見・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ