全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ イヤホン選定

イヤホン選定

今使っているビクターのイヤホンが酷使し過ぎて若干接続が怪しくなってきたので秋葉原のヨドバシカメラでいろいろとチェックしてきました。

日常使用なので狙う価格帯は3000円以上1万円以下くらいです。

いろいろとチェックとは言ったものの全部のメーカーを試すわけにもいかないので、主にJVCとオーディオテクニカを中心にチェックしました。

JVCは個人的にはビクターの時代から好きなメーカーです。音の傾向がすごく好みで聴いていても安心感があります。なにより3000円台でも十分聴き応えのある音を提供してくれるのが素晴らしいです。

今回初めてチェックしたオーディオテクニカもなかなかよかったです。音の方向性がすごく好みにマッチしました。

今回はオーディオテクニカを試しに買うかも知れません。

ところで...
イヤホンのチェックはちょっと難しい点がありますね。

一つは試すのに時間がかかること。

まず聴き比べのためにiPhoneでいつものイヤホンで曲を流してチェック。音の傾向などを覚えます。それからイヤホンを抜き、お店に展示してある視聴用のイヤホンに差し替えます。そして自分の耳にイヤホンを入れて音楽を再生...

こんなことをやっているうちに最初に自分のイヤホンで聴いていた音の傾向を忘れてしまうんですね(笑)。

イヤホンを替えた瞬間は「おおっ!全然違う!」とか思うんですけど、ずっと聴いていると今度は新しい方のイヤホンに耳が慣れてしまって自分のイヤホンの音を忘れてしまうので、再度自分のイヤホンに戻します。またその時に30秒くらいかかって音の違いを瞬時に確認できません。

このやり取りがもどかしいんです。瞬時にイヤホンを差し替えられればいいんですけど、それは物理的に無理だし。


チェックの時にもう一つ難しいのはイヤーピースが必ずしも耳に合わないこと。

イヤーピースとは耳栓部分のことでイヤホンチップなどとも呼ばれています。私が今使っているイヤホンのイヤーピースは絶妙に私の耳にフィットしているので低音がすごく良く鳴るんです。

でもお店のイヤホンの中にはイヤーピースが私の耳穴に合わないものもあります。そういうイヤホンで音を聴くと低音が抜けたスカスカな迫力の無い音になってしまいます。

その場合は多少イヤホンを指で耳の奥に押しこむことで低音を補強したりしますが、これもあまりやり過ぎると指で押さえたから低音が出たのか、本来の位置にイヤホンがセットされたから低音が出たのかの判断に支障をきたします。

ですので最終的にイヤホンを選ぶ際は低音に関しては結構ギャンブルです。ピッタリフィットするイヤーピースがあれば希望通りの低音が得られますが、イヤーピースが合わなければ中高域ばかり強調された音になってしまいます。

JVC(旧ビクター)はその点私の耳に合ったイヤーピースがあることが分かっているので、買い物で失敗したくない場合はどうしてもJVCに手が伸びてしまいますね。


あと、そうだ一つ思い出した。

潔癖症の人はイヤホンの視聴は出来ないでしょうね(笑)。他人が耳の中に入れたものをいくら事前にウェットティッシュなどでキレイにしたとは言え、自分の耳の中に入れるなんて耐えられない人もいるでしょう。そういう人はネットで口コミなどによる評価を見て買うしかありませんね。

私はその点に関してはかなり無頓着なので平気で視聴出来ますが^^

今回は何を買おうかなぁ。

イヤーピースがぴったりなのがあればかなり良さそうな予感がしているのでオーディオテクニカ行ってみるかなぁ。

 

(2014年4月28日(月) 3:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ