全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 がくドラムスクール スクールブログ 僕の先生

僕の先生

さて、このブログをご覧になっている方がどんな方なのか、
全くの初心者で、これからドラムをやってみようかなと思っている方なのか
我流でしばらくやってみて、なにか壁を感じてらっしゃる方なのか
みなさん、いろんな状況にあると思います。

僕自身、ドラムを始めた時は吹奏楽部で打楽器担当が僕しかいないという状況だったので
完全に我流で、雑誌や教則本を自分なりに読み込んで練習していました。
当時はインターネットもありませんでしたので、Youtube で叩き方を見るとか
便利な真似もできませんでしたし。

というわけで、今回は僕がドラムを人に教わった経験、そこから得たものについて
お話ししたいと思います。

僕が初めてドラムを人に教わったのは、高校2年生の時でした。
その先生は、フュージョンという音楽が大好きな方でよくカシオペアという
バンドのCDをすすめてくれました。かなり厳しい先生で、色々言われましたが
この先生に教わったことのいくつかは今でも僕の基本にあります。

その後、クラシックパーカッションの元N響のとても有名な先生にも教わりました。
この方からは打楽器だけで、いかに美しい音楽になるかということを
目の前で実践してもらいました。普通、打楽器、しかもスネア(小太鼓)だけで
美しい音楽なんて言われてもピンとこないと思いますが、ほんとに美しいんですよ!

大学時代は特に人に教わったりとかはしてませんでしたが、
大学卒業後に教わった先生は、それまで僕が触れてこなかったあらゆるジャンルの
音楽を教えてくれました。毎回レッスンのたびに、聞いたこともない音楽スタイルの
ドラムを教えてくれ、どんどん楽しくなっていったのを覚えています。

ニューヨークに留学してから教わった先生は、バークリー音大で20歳から教えている
というちょっと化け物じみた先生でしたが、この先生からは
音楽の中でドラムが果たすべき役割、一音の大切さ、こだわりの強さなどなど
ほんとうにいろんなものを教わりました。

このように何人もの先生についてドラムを教わってきましたが、
全ての先生に共通するのは、僕を大きくしてくれたことです。
この世界にはさまざまな素晴らしい音楽があふれています。
それらと知り合う機会を先生たちは提供してくださいましたし、
レッスンを通じて人間としての価値観すら広がっていくのを感じました。

こと、楽器の技術に関して言えばレッスンで提供できるものは
知識、練習方法などですが、楽器に限らず一定ラインを超えた実力を持っている方は
人に影響を与える力を持っています。数々の先生方の影響を受けて、今の僕があります。

レッスンを受けることで、技術は確実に上達します。
でも大事なのは技術が上達することだけじゃないです。
技術が上達した結果、見えるものが変わってきます。
音楽を聴いて、感じることが変わってきます。
音楽以外の何か、書物であったり、映画であったり、絵画であったり
全てのものが新鮮に感じられるようになります。

人間一人が集められる情報はどんなにインターネットが進歩しても限界があります。
レッスンを通して世界が広がっていくのは本当に刺激的な体験です。

僕自身、常にそういった刺激を皆さんに与えられる存在でありたいと思いますし、
みなさんとの出会いからも何か刺激を得ていきたいと思います。

 

(2014年4月26日(土) 10:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

がくドラムスクール
山口岳 (ドラム)

川崎・大井町・蒲田・千鳥町・矢口渡

ブログ記事 ページ先頭へ