全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ドラムに関係な...

ドラムに関係ない話(4)

今我が家では一時的に「ひかりTV」というサービスがお試し視聴出来るようになっているのでここぞとばかりにいろいろな番組を見てみています。

そんなわけで話題の「進撃の巨人」をアニメで初めて見ました。(遅っ!(笑))

以前マンガはチラッと見たことがあったのですが画のテイストが好きでは無く、またストーリーにも特にのめり込むことは無かったので継続して読むことはありませんでした。

ですが今回見てみたアニメ版は画もきれいだったしストーリー展開もスピード感がありダレることなく一気に25話まで見てしまいました。

なかなか面白かったです。


ただこの作品は単なる面白いアニメ作品というだけでなく根底に結構重たいテーマが流れているように思います。

人が残酷に命を奪われるシーンが数多く出てきますが、単なるグロいマンガだったらこれほどまでにこの作品が評価されることもなかったでしょう。

きっと目を背けたくなるようなシーンにも、いやむしろそういうシーンにこそ作者の意図とか意味づけがきっとあるのだろうと思います。

登場人物達が生きる世界を今の日本に置き換えてみると、いろいろと考えさせられる部分がありますね。


登場人物と言えば...

出てくるキャラが一人一人とても個性的なところもいいですね。

私は昔流行った熱血マンガの主人公みたいなキャラが苦手でアムロみたいな屈折した人格の方が人間臭くて好きなんです(笑)。

進撃の巨人に出てくるキャラはどの人も心の中にいろいろなものを抱えて苦しみながらも健気に生きていてとても魅力的に感じられます。

こういうキャラ設定の方がストーリーに深みが出るので好きです。ただキャラへの感情移入が深くなる分、大好きなキャラが巨人に食われたら悲しいだろうな~。


とか思ったりしつつ、26話が待ち遠しいTAKIMOTOなのでした。


結局ハマッてる(笑)>自分

 

(2014年4月25日(金) 13:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ