全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 フラワーバレードラムスクール スクールブログ 叩く!

叩く!

みなさんご存じのようにドラムって
叩いて音を鳴らす楽器なんですよ。
知ってました?(笑)
そんなん当たり前やろ!って思うでしょ?
でもその当たり前が実はめっちゃ大事やったりするんですよ。

だってね、世界中いろんな音楽があっていろんな楽器があるけど
どの地方や国のどのジャンルの音楽でも
「打楽器」っていう楽器は全部に入ってるんですよね。
(意図して使わない曲は別として。)

ふと思い出してみるとポピュラー音楽と呼ばれる分野はもちろん
クラシックや各国の民族音楽、演劇やオペラみたいなジャンル
にも形は違えど叩いて音を出す楽器っていうのは
ものすごい重要な役割で組み込まれてるんですよね。

もっと言えば仏教の文化のお経にも
木魚やチ~ン(ベルって言いますw)、
(これも広い意味で言えば音楽やし歌やと言える)
学生時代に経験ある人も多いと思うけど
集団で行進するときにも足踏みでリズムが刻まれてる、
料理の世界でも包丁を叩く音や鍋にオタマが当たる音なんかも
調理する時にリズムが大切やったり・・するのかな?w

叩く≒ビートを刻むというのは人間、もっと言えば
動物が本質的に持ってる何かこう
気持ちを高揚させる、ワクワクさせる、
またはよい雰囲気を作る、不安やドキドキをかき立てる、
合図をする、コミュニケーションを取る、
そんな物として生まれ持ってるものなんやと
思うんですよ。

楽器でなくても手拍子や足踏み、
人間以外の動物たちも地面や木や水を叩いて音を
出すことで自己主張をしたりコミュニケーションを
取ったりしますよね。

哲学的や生理学的な話にはなるけど
動物にとって「叩く」という行為や発生する音には
何かこう気分を高めたり音楽や歌や言葉や行動に
めっちゃ深い意味があるんやと思うんですよね。

でっ!

話は戻ってドラムという楽器は近代の音楽において
リズムを刻んでビート感を出す、
音楽の抑揚やメリハリを付ける、雰囲気を出す、
合図をする、これ見よがしに自己主張をする、
ストレス解消、運動不足解消etc

・・・・

後ろ二つは本質とはちょっと違う気もするけどw
とにかく上記の理由から音楽的にもめっちゃ重要な
役割も持ってて、且つ人間が動物であるからには
叩けない、できないと言うことは絶対にあり得ないということ。

特殊なパターンや物理的に無理な場合は除いて、
誰にやってどんな曲でも叩ける可能性があるって
事なんですよ。

だって音楽や曲っておんなじ人間が作ったもんなんやから。

そんなドラムを楽しむことも演奏することも
誰にだってできるっちゅうことなんですよ。

そんな風な目線でいろんな音楽のドラムや打楽器に
興味や意識を持ってもらえると
また違った味わいをたのしめるんちゃうかな~と
思いますよ!


 

(2014年4月23日(水) 14:33)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムはもちろん、コーラスやレコーディングまで何でも聞いて下さい!

フラワーバレードラムスクール
HANA (ドラム)

新大阪・三ノ宮・天満・西宮名塩・蛍池・高槻市・本町・心斎橋

ブログ記事 ページ先頭へ