全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 4月15日 前...

4月15日 前回の続きっす。続きっす。

ブログを1日に3回以上更新しよる方々がおってですが、ホンマに凄いと思います!

そんなこんなでお待たせ致しました!
前回の続きです。
m(_ _)m


・小さいボリュームで大きく聴かせる。感じさせる。
について話を進めてみたいと思います

ってトコからでした。。。

ザッと説明してしまうのですが、
ボリュームは同じでも
・太い音
・細い音
で迫力が変わってきます。
ドラムで言うと、
ハイハットを演奏する際に、スティックの「チップ(先っぽ)」で演奏するのと、「ショルダー(斜めの部分)」で演奏するのでは、スティックの触れる面積が変わるので、音圧に変化が出ます。
擬音で表現すると、

「チッチッチッ」
っちゅーのと、
「ジャッジャッジャッ」

てな具合です。
ドラム知らんって方でも、どっちがうるさそうなかイメージ出来るんじゃないでしょうか。


音量ではなく、音の太さで抑揚をコントロールしてみるのも演奏のアイディアに取り入れてみては如何でしょうか??

ドラムは体 全体を使うけん「スポーツ」になり易い楽器かもですが、ちゃんと「音楽」しながらアンサンブルを楽しんでみては如何でしょうか??
手足が何ぼ器用に動いても、アンサンブルがええがにいってないと、残念な事になりかねません。

今回の話、あんま気にした事がなかった人がおったら、
是非参考にしてみて下さい!

明るい未来が待ってますよ!笑


写真は先日のライブの模様です。
トリオのインストバンドで、ギロッポンでやってきました。
おーいえー!


こだかりどらむ音楽教室
小鷹狩 大介

コメントがありましたらFacebookかTwitterまで。
→Twitterのアカウント
@kodakaridesu

4月15日 前回の続きっす。続きっす。

(2014年4月16日(水) 3:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・目黒・渋谷・原宿・新宿・溝の口・登戸・町田・大井町・都立大学・自由が丘・新丸子...

ブログ記事 ページ先頭へ