サイタ音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール|GROOVE INC. スクールブログ ♪ヘッド交換し...

♪ヘッド交換したのに音が抜けない???

ヘッドを新しいのに交換したってのに、前みたいに鳴らない/音が抜けないってことありませんか?



大体ヘッドを交換する時ってのは、打面側にへこみや歪みが出来たりしてから交換するって人が多いと思います。

そんなアナタ!!

ドラムセットにおける太鼓が両面ヘッドってこと忘れてませんか?
(もちろんシングルヘッドのタムとかは別ですけど。)



そう、裏面です。




打痕が付く訳ではないので、見た目には分かりにくと思いますが、裏面も打面側からの空気圧や振動を受けて、少しずつヘタっていくものなんです。

ヘタった裏面ヘッドは打面側の振動を伝えにくくなるので、徐々に鳴らなくなって行くんですわ。


いまいち寿命が分かりにくいですが、特にスネアサイドは他よりも薄いため、ヘタりは圧倒的に早いです。

目安としては、打面4~5回に付き1回は一緒に交換するくらいがおすすめです。
(オレ自身はハイピッチが多いので、打面3回に付き裏1回のペースが多いです)

張り過ぎて、亀裂が入ってるのに気付かないなんてのは、致命傷でっせ☆


そうそう破れる部分でもないので、財布と相談すると後回しにちがちですが(笑)、他の大音量楽器に埋もれず、抜けたスネアの音を出したいなら重要な箇所なので、ぜひ気にしてあげてください。

 

(2008年9月4日(木) 12:27)

前の記事

次の記事

新着記事

ども、ドラムスクール|GROOVE INC.佐藤けんじです☆ お久しぶりのブログっす。 プライベートコーチの総合サイト「cyta.jp」にお世話になって4年。 こちらでのレッスン数(レッスンノート記載数)が3000件に到達しました!!! プレーヤーとしてのライブ数が1500本以...

行ってきました☆自身の南欧ツアー最終日。 スペインで行われた世界最大のレゲエフェスの祭典「Rototom Sunsplash」♪ レジェンド達が集うメインステージ終了直後、一斉に開始される複数のサブステージたち。(スカ/ルーツ/ダンスホール/ダブほか) オレはメインステージのすぐ...

前回のレゲエフェスの話を、うちのルーツレゲエ/ダブフリークの生徒さんに話しました。 ↓ 「マジっすか??????????????」 ひと呼吸、おいて。。 「マジっすか!!!!!!!!!!!!!!」 メンツの名前を見せました。。 ↓ 「・・・」 ふた呼吸お...

ども♪ドラム講師の佐藤けんじッス。 久々のブログ☆ ドラムコーチとしてレッスンもガンガンやってますが、もちろんプレイヤー活動も怠っておりませぬ。。 2012年8月、自身のメインバンドで去年に引き続き2週間の南欧ツアー決定しました☆ んでもって、その中のひとつ、ヨーロッパ...

すっかり忘れてましたが、うちの生徒さんに発見されて思い出しました。。 過去の記事(11/8/9)ですが↓ <a class="triangle" href="http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110805/112181/">個人コ...

ブログ記事 ページ先頭へ