全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール|GROOVE INC. スクールブログ ♪カウントひと...

♪カウントひとつでグルーヴが決まる

ドラマーの役割のひとつに「カウント出し」があります。


曲を始める時の


「1・2・3・4」ってやつです。



「せーのっ!」て感じでドラムを含むいくつかのパートが一斉に音を出す時には何故かドラマーがカウントを出すのが暗黙の了解になってることって多いですよね。

ま、ボーカルっていうかフロントマンが出す時ももちろんありますが、楽曲のテンポを支配しがちなドラマーが、その役割を担うってのもある意味必然的なこと。


で、上記の「1・2・3・4」ってみんなどうしてます?

スティックを叩く音のみで出す時ももちろんそうだけど、特に声でカウントする時の話です。



ベーシックなのが、




「ワン・トゥー・スリー・フォー」




ですね。



が、これがくせモン。


テンポの遅い曲だと間違いなく間延びします。




「わ~ん・とぅ~~・すりぃ~~~・ふぉおぉ~~~~」




やる気出ないですねぇ(笑)



こんなカウントされたら、"ジャーン!!"で始めたい曲も"じぃやぁぁぁ~~~~ん"てな感じで"にゅる"ってなってしまいますよね。


経験者の人が知らず知らずやってたりするのが



「(ァ)ワン・(ァ)トゥー・(ァ)スリー・(ァ)フォー」



て感じで、(ァ)で書いた"ウラ"の部分を感じるもしくは実際に声を出す、こと。

これ、ひとつの手です。




特にシャッフル系などの"ハネ"もん楽曲。
シャッフルって言ってもキッチリした3連を軸にしたのでなく、ビミョーなスウィング感が欲しい時、なんかはこの(ァ)のニュアンスひとつで、バンドのグルーブ感を決定してしまうことも出来てしまいます。

一緒に演り慣れてる人たちとだと、楽曲がある程度進んで行けば、自然と培ってきたグルーヴ感が一致してくるんだけど、一緒には演り慣れてない人と演る時とか、イントロの4~8小節くらいがどーもバラつくんだよなぁって人は、


(ァ)


の使い方を意識してみては☆


実際「スリー」の前とかだと、次の母音が『う』なので、(ァ)でなく、(ン)とか(ゥ)になることがほとんどですけどね。




「ワン」の前の(ァ)が感じれるだけで、かなり違ってくると思いますよ。

 

(2008年9月3日(水) 1:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランクなキャラクターで女性&初心者にも大人気!栄えある初代MVPコーチ

ドラムスクール|GROOVE INC.
佐藤けんじ (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田...

ブログ記事 ページ先頭へ