全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール|GROOVE INC. スクールブログ ♪四肢滅裂!?...

♪四肢滅裂!?【初1/3】

ども!コーチの佐藤けんじです。


はじめましての御挨拶ブログです。

御挨拶として【初1/3~3/3】はドラムの技術的なことは一切書いてません。
なもんで、ある程度自分のトレーニング方を確立してる中級以上の経験者の人は読み飛ばしてもらって結構です(笑)



==

良く聞く話として、

ドラムをやったことないけど見たことある人にとって、ドラムというのは、
「手と足バラバラに動かせてスゴいよねぇー」


なのだ、そうだ。



実際、ちょっとでも演ってる人は分かると思うけど、実際動かしてるのって基本的に両手両足、四肢って言う文字通り4つでしかないんよね。

だから、ドラム叩いてる自分らからすると、「おおぉぉォォォォー、鍵盤弾きって両指10本+両足2本=12個のパーツ同時に動かしてんのかぁ~スゲえ…」なのですわ。



それに比べりゃ1/3でっせ(笑)



車の免許持ってる人は思い出してみて。

例えばカープ曲がる時。
前後左右を鏡視&目視しながら、同時にウインカー出して減速してクラッチ踏んでシフトダウンなんつーいろんなコト同時にやってるんよね。

そうゆう時って、いちいちひとつひとつの動作を、
「まずは左を見て…、次は………」とかいちいち頭で考えてやってないっしょ。




ドラムってそれに近い。




教習所の1~2段階あたりってのは、↑みたいなこと、頭ん中で考えながら運転してただろうけど、乗り慣れれば自然を身体が反応してますもんね。







要は『慣れる』こと。







車の運転が限られた才能を持ってる人だけが身につけることの出来る技術でないように、ドラムも、


キチンとしたトレーニングさえすれば、"誰にでも"(←ここ大事)、簡単に身につけられる


ものなんですよ。

 

(2008年8月28日(木) 1:20)

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランクなキャラクターで女性&初心者にも大人気!栄えある初代MVPコーチ

ドラムスクール|GROOVE INC.
佐藤けんじ (ドラム)

五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田...

ブログ記事 ページ先頭へ