全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ゴールドドラムスクール スクールブログ 今まで見ること...

今まで見ること、聞くことだけだったあなたが!これからは主人公です!

こんにちは?
私は韓国から2012年に日本に来て、久留米大学を編入、2014年卒業した
キムミンソクと申します。今回皆様とお会いにでき、本当に嬉しいです!!^*^

私は中学校2年からドラムをやり始め、2008年には韓国の「海軍軍楽隊」でDrumとPercussionパートで働きながら、いろんな経験を身に付けました。そのときに主に演奏した曲は日本のPusionBandであるT-square、Casiopeaの曲をよく演奏しました。それで、現在、世界的な有名な日本のドラマーである「明神保」さんを尊敬します。

ドラムは他の楽器に比べてメルリディ的な楽器ではなく、曲の全体的なリズムと、拍子を管掌する楽器であり、何より拍子感覚が重要視される楽器です。さらに手だけでなく、足も一緒に使用されるため、最初は多少難しいかもしれませんが、慣れば他の楽器とは比較できない面白みを感じることができます。

私の授業の特徴は「基礎をはっきりさせるスタイル」であるため、最初からセットドラムのリズムを練習したり、曲を練習することではなく、リズムを構成する「基礎的な音符」を先に、skickで音符の音を出すように練習して、その後にセットでリズムを練習するシステムです。何でも基礎が弱いとより高いレベルで登ることができないからです。
それで最初はちょっと退屈かも知れないけど、時々簡単な音符曲を演奏しながら楽しく授業を進めたいと思います。

これまで音楽を聴くことや見ることの単純な段階を脱して、自分が好な曲を直接演奏しながら、その曲の主人公になってみるのはどうですか。

一つのビッグサービスで、私が韓国人留学生だから、もし、韓国語に興味を持ったり、K-popなどに関心があれば授業の最後の部分に色々文化的交流ができるようサービスしようとしていますので、ドラムと語学、二つを同時に捕まえられる機会を逃さないでください~!

以下は簡単な質疑応答です。

1.韓国人講師と、日本語の問題ないんですか?
私は日本語能力試験(JLPT)1級を取得し、久留米大学経済学部特待生で選抜なるほど、日本語を一生懸命勉強したため、全く問題がないと思います。

2.初心者でも大丈夫でしょうか?
生まれるときから音楽的能力を持って生まれた人はありません。才能というのは他の言葉で意欲であるため、当然初心者も意欲と練習さえすればよくできます。

3.講義時間と日付を調整できますか?
個人的に就職活動をしているため、正確な日程が分からない状況なので、もし乗せた時間帯以外の時間を希望する方がいらっしゃったら、事前に問い合わせができれば十分に変動が可能で、なるべく生徒の時間帯に合わせて進行しようと思います。

4.最終目標である曲の演奏するというのはどんな意味ですか?
自分が好きな曲を一つ選択してその曲を演奏できるように練習することです。

5.一度受講にどれぼど期間がかかるんですか?
私が計画している期間は約3カ月コースです。しかし、この計画は週2~3回の授業と練習時間を考慮したことなので、曲を演奏するためにはもう少し時間が必要だと考えられます。
6.個人映像や作品がありますか。
はい、あります。下記の住所をクリックすると、映像が出ます。
(http://blog.daum.net/rlaald1204/2)

7.韓国の海軍軍楽隊ってなんですか?
韓国の軍隊のなか、海軍があり、そこのいろんな部署の一つとして、軍内や軍外のさまざまな行事を行うことが主な仕事です。Youtubeで検索すると映像が見れるので是非ご覧ください。検索用語:해군군악대(コピーして貼り付け)
(http://www.youtube.com/watch?v=T4iKgAETt5c)

今まで見ること、聞くことだけだったあなたが!これからは主人公です!今まで見ること、聞くことだけだったあなたが!これからは主人公です!

(2014年4月13日(日) 19:38)

次の記事

この記事を書いたコーチ

軍楽フェスティバルで演奏も。初心者からプロ志望まで幅広く対応!

ゴールドドラムスクール
金泯錫 (ドラム)

博多・天神/西鉄福岡・薬院・西鉄平尾・赤坂・西新・室見・六本松・桜坂

ブログ記事 ページ先頭へ