全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 4月8日 初心...

4月8日 初心者の方に参考にして頂けたら的な

あっと言う間に火曜日。
昨日は土曜日じゃなかったですっけ??

そんなこんなで前回の続きです。


まず、
ギターとかでイメージしてみて下さい。
激しい曲には歪んだ音が。
バラードとかやさしい曲にはクリーンな音が、それぞれ相性が良いと思います。
多分一般的には。
ワシ個人的な考えでもありますが。


元気で明るい曲をやる時は それをイメージしやすい音色を使うと思います。
逆に切ない曲にも同様に それをイメージしやすい音色を選択するんじゃなかろーかと思います。

ハッピーな曲なのに、悲しいメロディー、音色のオンパレードじゃったら何じゃそれ?ってなるです。


また、
同じボリュームで、
「ギヂャギヂャに歪んだ音色」

「透き通る様なクリーンな音色」
を聴き比べると
と言うより、聴き比べんくてもイメージで どっちの方が賑やかに思いますか?


もう一個。
低音と高音。
理屈的?に考えて、耳に優しくないのは高音じゃと言われてます。
つまり、うるさく感じやすいって事です。
悪く言えば。



てーのを踏まえて、今回のテーマのひとつであります
・小さいボリュームで大きく聴かせる。感じさせる。
について話を進めてみたいと思います

が、

続きは次回(明日か明後日か明々後日には)って事でお願いします。

お願いします。

お願いします。


こだかりどらむ音楽教室
小鷹狩 大介

コメントがありましたらFacebookかTwitterまで。
→Twitterのアカウント
@kodakaridesu

4月8日 初心者の方に参考にして頂けたら的な

(2014年4月9日(水) 1:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・溝の口・登戸・町田・都立大学・自由が丘・新丸子・池尻大橋・...

ブログ記事 ページ先頭へ