サイタ音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ やってはいけな...

やってはいけない練習。

こんにちわ、講師の内藤です。

皆さんはどんな練習をしていますか?ネットを見ると様々な練習法が紹介されていますが、時々見かけるもので、これはやらない方が良いというものがあります。
理由は僕自身がやっていて変な癖がついてしまったから。

それは何かと言われればベンベン…ズバリ!エアドラムです。
イスに座って、目の前にドラムセットがあるかのように叩くマネをすることです。

よく言われているのが、『叩いたつもりで動きを止めるから手首の強化になる』ということなんですが、これは間違いです。


まず、叩いたつもりで止める練習を繰り返すと、実際のドラムを叩くときにも寸止めしてしまう癖がつきます。
スネアやタム、ハットを叩く前にスティックを止めてしまい、実際には音がならない当て振り状態になります。
特に速いフレーズになればなるほど。

スティックは叩いたときに止めるものではありません。跳ね返り(リバウンド)を利用するために止めてはダメです。
逆に止めようと握りこんでしまうと、スティックが打面を叩いた衝撃を手で吸収することになり、これがマメになったり、酷いと関節が炎症を起して痛む場合があります。


そして寸止めで手首を鍛えるということも意味のないことです。
スティックを止めるために鍛えた手首は、スティックを止めるためにしか役に立ちません。
でもドラムに重要なのは、スティックを止める手首ではなく、スティックを上げる手首なんです。

専門用語を使うと、アップストロークを行うときの手首の強さ、ですね。



僕はドラムを始めて間もない頃、ずっとこの練習をしていました。
そのおかげでライブで寸止めすることが多く、逆にリバウンドに慣れることができず、癖を直すのに非常に苦労しました。


ドラムの練習に必要なことは、必ず何かを叩くことです。
ドラムを叩かなければならなことはありません。雑誌でもクッションでも、膝でも良いんです。
とにかく『叩く』という感覚が大切なのです。
とくにスティックで叩けば、ほぼ跳ね返り(リバウンド)というものがあります。そのリバウンドの感覚を手に覚えさせましょう。


どうでしょうかエアドラム。この練習で唯一身に付くことは、パターンやリズムの練習が実際のドラムに近い形でできることです。
が!そんなパターンやリズムの練習も、何かを叩きながらでも十分できるんです。

このエアドラムは、「俺は今、ドラムの練習をしてる!」って自己満足であってドラムの練習ではありません。
みなさんも気を付けて、着実に身に付く練習をしてください。

 

(2009年2月23日(月) 17:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

新着記事

こんにちわ。講師の内藤です。 今日はバンドのライブ動画を紹介します。 このバンドのドラマーは私の生徒さんで、女性です。 友人がサックスを習い始めたから、自分はドラムをやってみたい、ということでレッスンを始めました。 スティックの握り方から教えていったのですが、さすが若い...

こんにちわ、内藤です。 皆さんは人前で楽器を演奏されたり、歌を唄ったことってありますか? 本番前とか本番中って緊張しましたか? 当然緊張ってしますよね。ドキドキして失敗したらどうしよう…とか不安なことばかり考えてしまう。 なんで私ってこんなに緊張するのだろう…とか、緊張しなければも...

こんにちわ、ないとーです。 先日エアドラムの記事を書いたところ、このような意見をもらいました。 『タム回しの練習はエアドラムが良いんじゃないですか?』 ということです。 確かに本物のドラムを叩いて練習できない以上、タム回しの練習はエアドラムが一番やりやすいかもしれません。 ...

こんにちわ、内藤です! 今日はこのスクールの体験レッスンのお話です。 普通、スクールでの体験レッスンといえば『申し込んで指定された日に会場に行ってレッスンを受ける』だと思います。 それって確かに『体験レッスン』ではあるんですが、ある意味「本当のただのお試し」だと思うんです。 会場に...

こんにちわ、講師の内藤です。 皆さんはどんな練習をしていますか?ネットを見ると様々な練習法が紹介されていますが、時々見かけるもので、これはやらない方が良いというものがあります。 理由は僕自身がやっていて変な癖がついてしまったから。 それは何かと言われればベンベン…ズバリ!エアドラ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ