サイタ音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ うまいドラマー...

うまいドラマーとは

みなさんこんにちわ。講師の内藤です。

ドラムをやったことのある方は、どういうドラムが上手い、カッコイイと思いますか?
誰にも叩けない速いドラム?超難解な構成の変拍子?それとも…?

やっぱり誰にもできないことが出来るということが一番目を惹きますし、誰が見ても凄いと思いますよね。

だけど僕が思うのは まずはテクニックよりもビートが大切だということです(1曲同じテンポで安定して叩き続けることが必ず正しいことでもありません)。
ドラムはリズム楽器です。曲を陰ながら支えていかなければなりません。
いくら難しいフレーズが叩けても肝心のビートがヨレてしまっては…。

ダブルストロークとかパラディドルとか、それはそれはキレイに粒の揃った演奏をするドラマーを見かけますが、そういう人に限ってシンプルな8ビートが残念な事になっている場合が多々あります。
さらには手数にはしって歌を邪魔するようなドラムをしていては、個人の技術が高くてもバンドとしてみるとかえってマイナスになります。

ボーカルが唄いやすいように、ギターのソロが引き立つように、それができるドラマーってカッコイイんですよ。

なんだかこれでは他のメンバーの引き立て役のようですね。
ですがドラムってそうやって引き立ててるように見えますが、実はそれで曲自体を大きく操っているんですよ。

ギターが走ってもドラムがドッシリ安定していれば大丈夫ですが、ドラムが走ればみんなそれに付いてきて、曲が崩壊してしまう…なんてこともあります。
ガンガン叩けばみんなガンガン演奏して、しっとり叩けばみんなそうなるはずです。そうならないバンドは、みんな自分の演奏に必死で周りを見る余裕のない初心者ってことです。
だから実はドラムに合わさせているんですね(笑)。

なのでドラムはテクニックも大事ですが、曲のイメージや雰囲気を理解しそれに合ったドラムを叩くということが一番大切なんです。
出るところと引くところのメリハリを大切にすることです。

皆さんもそういう カッコイイドラマーになってもらいたいです。

 

(2008年10月30日(木) 18:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

新着記事

こんにちわ。講師の内藤です。 今日はバンドのライブ動画を紹介します。 このバンドのドラマーは私の生徒さんで、女性です。 友人がサックスを習い始めたから、自分はドラムをやってみたい、ということでレッスンを始めました。 スティックの握り方から教えていったのですが、さすが若い...

こんにちわ、内藤です。 皆さんは人前で楽器を演奏されたり、歌を唄ったことってありますか? 本番前とか本番中って緊張しましたか? 当然緊張ってしますよね。ドキドキして失敗したらどうしよう…とか不安なことばかり考えてしまう。 なんで私ってこんなに緊張するのだろう…とか、緊張しなければも...

こんにちわ、ないとーです。 先日エアドラムの記事を書いたところ、このような意見をもらいました。 『タム回しの練習はエアドラムが良いんじゃないですか?』 ということです。 確かに本物のドラムを叩いて練習できない以上、タム回しの練習はエアドラムが一番やりやすいかもしれません。 ...

こんにちわ、内藤です! 今日はこのスクールの体験レッスンのお話です。 普通、スクールでの体験レッスンといえば『申し込んで指定された日に会場に行ってレッスンを受ける』だと思います。 それって確かに『体験レッスン』ではあるんですが、ある意味「本当のただのお試し」だと思うんです。 会場に...

こんにちわ、講師の内藤です。 皆さんはどんな練習をしていますか?ネットを見ると様々な練習法が紹介されていますが、時々見かけるもので、これはやらない方が良いというものがあります。 理由は僕自身がやっていて変な癖がついてしまったから。 それは何かと言われればベンベン…ズバリ!エアドラ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ