全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ あると嬉しい機...

あると嬉しい機材(前回のつづき)

こんにちわ、講師の内藤です。
それでは早速、前回の続きです。

練習をしていくにあたって持っておきたい機材というのを紹介しています。
前回はバンドのライブ向けにペダルとスネア(主にペダル)は自分の機材を持っていると良いとお話しました。
今回はもっと練習に重点をおいて、視点を変えて機材を紹介したいと思います。

まずはメトロノームです。クリックとか言われたりしています。
ピッピッと音や光で設定したテンポを知らせてくれるものです。
よく学校のピアノの上に置いてあったりするものは、ウエイトでテンポを設定して針を動かしてやると「カチカチカチ…」とアナログ式のものだったりします。
最近では電池や電源を使うデジタル式のものを良く見かけますね。

このテンポを知るということは、ドラムにとってとても大切で重要なことなんです。

ほとんどの曲というのはだいたいテンポが一定しています。中には感情を表現するためにテンポが変わったりする曲もありますが…。
自分の意思でテンポが変化するならまだ良いのですが、自分が意識していないのにテンポが変わってしまっては、リズムを刻むドラマーとしては問題があります。
緊張して心拍数が上がれば自然とテンポも上がってしまいますし、難しいフレーズを正確に叩こうと思ったらテンポより遅れてしまった…なんてことが良く有ります。

そんなことにならないように、テンポを聞きながら練習することが大切なんですね。

速いフレーズやテンポの曲を叩こうとしても無理だったときどうしますか?
がむしゃらに速く叩こうとします?
そういう時もメトロノームを使い、自分が叩けるテンポから始めて段々とテンポを上げていくことが上達への近道だったりします。


そしてもう一つは、練習パッドです。
楽器屋さんに行くと大抵あるとおもいますが、スタンドにゴムやプラスチック製の丸いパッドが付いている叩いてもあまり音が響かない練習台です。
最近ではいろいろ改良されて、感触が実際のドラムに近い、質の良いものが結構あります。

初心者は雑誌とかクッションを叩いていたら良いんだ!なんて意見もありますが、ある程度上達してきたら持っていて損はないものだと思います。
出来るだけ生のドラムに触るのが一番良いのですが、そういうわけにもいかないので、生ドラムまでは無理にしろ、それに近い感触で練習することが大切です。



2回にわたってオススメ機材を紹介してみましたがいかがですか?
生のドラムに触れる機会が多い人はべダルでもOK、家でもドラムに近い感覚でコツコツ練習したい人は練習パッドやメトロノーム、といったところでしょうか。

もちろんこれは必ず買わなければならないものではありませんし、買ったからといって必ず上達するということもありません。
スティックすら持たないでも練習はできるので、ようは、今自分に必要な練習とは何か、を考え研究していくことが大切です。
その過程でどうしても必要になれば用意すれば良いし、無理なら無理で別の方法を考えたら良いだけですから。


頑張って練習に励みましょう!

 

(2008年10月20日(月) 14:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

ブログ記事 ページ先頭へ