全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ あると嬉しい機...

あると嬉しい機材

こんにちわ。講師の内藤です。
今回はスティック以外の機材についてのお話です。

スティックさえ買ってしまえば楽器屋さんのスタジオにはドラムセットが置いてあるので、あとは練習あるのみ!と言いたいところですが、お財布に余裕があるならば持っておきたい機材が大きく分けて2種類あります。

一つはバンドを組んで、ライブに向けて練習していく人向け。
こちらはメンバーでスタジオに入って練習することがメインだと思いますし、『ライブというステージでいかに練習の成果を発揮できるか』にかかっています。

ということで、ドラムを始めて少ししてくると分かると思いますが、スネアやフットペダルが欲しくなってくるんですよ。
両方ともスタジオにおいてありますが、両方とも使い物にならないぐらいくたびれている時があります(笑)。
スネアはヘッド(打面の皮)がベロンベロン…ペダルはバネがダルンダルン…。
いくら初心者で、何が自分に合っているか分からないといっても、悪いものを使っていては上達が遅れてしまいます(だからといって最高級の機材で練習すればグングン伸びる訳じゃないですよ)。
特にペダルは調節範囲が広いので、ちょこっと触るだけでも劇的に踏み心地やコントロールがしやすくなります。
それをスタジオでの練習の度に調整していては時間がもったいないです。
自分のペダルを持っていると、いつでも同じ踏み心地で演奏できるのでリズムの安定に繋がります(バスドラのヘッドのテンションによってリバウンドが違うので、絶対同じとは言い切れませんが…)。

体がドラムと接する部分(スティックとかペダルとか)というのはやはり自分の機材というものを持っていると上達が早いです。
人からスティックを借りることは無いと思いますが、使ったことのないスティックは違和感を感じると思います。
それぐらいまでドラムに触れていれば、ペダルの違いもいろいろと分かってくるんじゃないでしょうか。

ドラムと接するといえばイスもそうなんです。意外と高さとか座面の硬さ、形というのも重要なんですよ。
それでもまぁ、大きくは高さの調整だけで、それはスタジオのイスを大体の自分の高さに合わせればOKなので、MYイスを持って行く人は少ないと思います。


では、機材購入にあたってのアドバイスですが、ある程度高級なものを揃えてもらいたい、ということですね。
どこらへんから『ある程度高級』なのか、ということですが、まず雑誌に載っている無名メーカーの激安販売はやめましょう。形がスネアやペダルに似せているだけで、ほとんど使い物にならないと思います(壊れやすい)。
ですので、最低でもきちんとしたドラムメーカー(国内ならPearlやYAMAHA、TAMAなど)のもので、欲を言えば、中ランク以上を選んでください。中というのはカタログを見たとき一番安い価格~最高級までの間の価格のものです。
もちろん最高級に越したことはありませんが、調節範囲がいろいろあったりして、どうしていいか分からなくなります。
中ですと、動きや耐久性も良く、調節もそこそこできる(基本をおさえてある)タイプがそろっていますので。

あとはスネアにしろペダルにしろ、出来れば楽器屋さんで直接触れて感触を見てもらって決めたほうが良いです。
特にスネアは、「コレはいい音します」なんて宣伝だけで買ってしまっても、叩き心地が悪かったら叩いていても気分がノリませんよ。
自分が気持ち良く叩けて、音色も良くなってくるものです。

長々と書いてしまいましたが、一つ目の機材はこんな感じです。
では二つ目ですが、こちらは次回ということで…。

 

(2008年10月10日(金) 17:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

ブログ記事 ページ先頭へ