全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ ドラムシューズ

ドラムシューズ

こんにちわ、講師の内藤です。

ドラムを練習するときってどんな靴で練習してますか?
やっぱりスニーカーでしょうか?それともブーツとか!?

僕は一番最初に入ったスタジオがちょうど土足禁止だったので、「あぁドラムとは裸足なのか」と一人納得し、暫くは裸足(靴下は着用)でやってました。

でもプロのライブビデオとか見てると、たまに足元が映るじゃないですか。それを見たとき「あれ?靴履いてる…」みたいな発見をしまして(笑)。

それでちょっと靴を探してみたりはしたんですが、普段から外でも掃いている靴でペダルを踏むと、なんか砂とかが入りそう…とか、履き慣れて愛用していた靴がダメになったときに、また同じ靴じゃないとキモチワルイ…みたいな意外に神経質(笑)な面もあり、ちょっと靴を履いた時期もありましたが今は元気に裸足です!


バンドでやってる曲もハードロックなのでスニーカーが似合わなかったり、靴下って意外とファッショナブルなんで衣装に合わせて選べたりしてなかなか裸足も良いんですよ。

が、唯一の難点といえば、冬場のペダルの冷たいこと冷たいこと…。
あまりの冷たさにカイロを乗せてみたりしたこともあるほどです(笑)。


僕は裸足ですが、スティックと同じで自分に合った靴を探すのも一つの課題(楽しみ?)だったりします。
ブーツとかヒールで叩くと『へぇ~』と感心されたりしますが、初心者の方はやっぱりスニーカーをオススメします。

 

(2008年9月17日(水) 15:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

ブログ記事 ページ先頭へ