全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ スティックにつ...

スティックについて。

こんにちわ。講師の内藤です。

ドラムを始めるにあたって思うのが、必要な道具って何?ということだと思います。
初心者の方への道具についてのアドバイスという項目でも書きましたが、今回はもう少し詳しく僕個人の体験も含めてお話したいと思います。

では道具なんですが極論を言えば、最初は何も入りません…。なんて言うのも味気ないのですが、何も使わないでも練習は出来ます。
が、やっぱり最初はスティックを買ってみたいですよね。スティックを買うだけでも、あぁドラムやってるんだ~とワクワクするもんです。
僕も中学生の頃、ドキドキしながらスティックを買いに行きましたよ。


じゃあどんなスティックを買えば良いのかということですが、よく、自分の手に合ってるもの…と言われますが、全くドラムをやったことないのに、何が自分の手に合ってるとか合ってないとかなんて分かりませんよね。それなら憧れているドラマーのモデルで良いと思います。プロと同じものを持ってるだけで上手くなれる気がしますから。

でも意外とプロのモデルって少ないんですよね。
僕も憧れていたドラマーのモデルのスティックなんて発売していなかったので(というか田舎の楽器屋だから品揃えも悪い)、次に選考基準にしたのが「よりドラムらしいスティック」という訳の分からない基準なんです(全部ドラムスティックなんで…)。

そんな感じで楽器屋さんでいくつか握ってみて、軽く振って「ピーン!」ときたらそれでOKです。
色がカッコイイ、形が好き、なんでも気に入ったもので良いですよ。
それでウキウキで雑誌とかクッションをパタパタ叩いていました。
まずは自分の手に合ったスティックというより、スティックという感覚に慣れる方が大切です。

あ、意外な落とし穴があるんですが、スティックは消耗品なんですよね。
僕は最初スティックを買った頃、これでずーっと練習できるって思ってました…。
初めてスタジオに入って練習したとき、シンバルでスティックが削れていくのを見て気付いたんです…。


スティックは1セット1000円ぐらいですが、学生の頃はその1000円の出費もイタイですよね…。
折れるまで使いたい気持ちも分かりますが、ガリガリに削れたスティックはかなり重さやバランスが変わってきています。

久々に新品を買ったら非常に重く感じる…なんてことが多々ありますから。
でもそれでは、せっかく身についてきているスティックの感覚を鈍らせることになってしまうので、できればスティックは複数セット買っておき、たまに練習で使っているセットと持ち比べて「変わってきたな」と思ったら新しいセットに代えていくのが理想ですね。


ドラムってなかなかお金がかかってしまう楽器ですが、好きだからこそ続けられるんですよ。
練習すればするほどお金がかかってしまうというジレンマがありますが、それでも頑張って上達していきましょう。

 

(2008年9月8日(月) 10:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

ブログ記事 ページ先頭へ