全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ファーストステップ ドラムスクール スクールブログ 練習場所=レッ...

練習場所=レッスン場所

皆さんはどんな場所で練習されてますか?スタジオ?自宅?

僕は、もう10年ぐらい前に、メンバーでお金を出し合って山の中にプレハブ小屋を建てましたね。
田舎だからできたことです(笑)。もちろんエアコンなんてありませんから、夏はサウナ冬は冷蔵庫のような環境で練習してました。
そのお陰で多少過酷な条件でも楽に演奏できるようになったり…(苦笑)。

田舎だから、ということが良くも悪くも影響するのですが、スタジオの数が圧倒的に少ないんですよね。
やっぱり田舎だからドラム、ないしはバンドを組む人も少ない、田舎だから練習場所もない…。

僕の地元の福井県小浜市は、今ではバンド練習のできるスタジオがなくなってしまいました。高校の時はよくお世話になっていたのですが残念。
今住んでいる舞鶴市も、検索してすぐ見つかったのが1件です。


田舎とは、何をするのも大変です。
でも僕はその『田舎だから…』というのがあまり好きではありません。なんだか言い訳みたいで。

だから僕はそんなの関係なく、田舎でもできるって気持ちでこの講師にも取り組んでいます。
田舎でもドラムは学べるし、練習だってできる。なかなか生のドラムに触れられなくても上達できるんです。

「近くにスタジオが無いんですが…」それなら公園でもOK!座れたらそれで手足が動かせるじゃないですか。
「家の農作業小屋で練習してるんですが…」それなら僕がそこまでお邪魔します!

ギターとかベースって楽器が無いとなかなか練習にはなりませんが、ドラムとかボーカルって何もなくてもで練習できるのが強味ですね。

ドラムをやってみたい、という気持ちが環境によってそがれてしまうのが非常に残念なんですよ。
だから練習場所が無くたって諦めないでくださいね。まずはどんな練習が必要が考え、それに合わせて練習法を作っていきましょう。

よろしくお願いします!

 

(2008年8月18日(月) 14:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブハウスで活躍!実践的かつ細やかなアドバイスであなたをサポート

ブログ記事 ページ先頭へ