全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 Musubi drum school スクールブログ 第3回スティッ...

第3回スティック選びのコツ

改めましてドラム講師の大西です。

着々と体験レッスンのご希望を頂いていて大変ありがたく思います☆

でももっともっと沢山の方に会いたいと思っております。ご応募心よりお待ちしておりますよー♪

さて、僕のブログでも体験レッスンでもまずスティックについて多くのお話しをしています。

何故かというと、ドラムには沢山の重要なポイントがある中『スティックを選ぶ事』が最初の第一歩であるからです。

沢山の長さ、重さ、形状、材質がある中で何を選びそれを使いどう良い音を出していくのかを大事に考えています。

僕の言う良い音とは他とは少し違います。綺麗な音色を出すというよりも(勿論それもある)、メンバーや聞き手が気持ち良くなる音を差しています。

良くメンバーや色々な方に大西くんのスネアは気持ちが良い!と言って頂いていました。

僕は選び抜いたスティックがあればどんなスネアでも大体はそれなりに気持ちいい音を出せる自信があります。

叩き方もありますが、やっぱり一発の音に気持ちをのせているからだと思います。理屈じゃない気持ち良さとかかっこよさって絶対あると信じてます!

話しはスティック選びに戻りますね(笑)熱くなってしまいました...。

1回目は『重さ』、2回目は『反り』についてでしたね?
では3回目は『長さ』について。

大体スティックの標準の長さは400mmくらい。

僕は406mmですね。

長さは同じ重量のスティックでも長ければ長いほど重く感じられるとされています。(遠心力がかかわっての事)

実際に感覚で分かります。また普段のセッティングのままスティックの長さを変えるとタム回しなどの感覚も結構違います。

僕はずっと406mmのため短くするとタムに移動する際不安になります(笑)届くかな?みたいな。

なんとなーく長さも重要なんだと思えますかね?

最初はとにかく色々なスティックに触れてみて下さいね☆

楽器屋に無駄に足を運ぶも良しですよ(笑)

僕はデートコースにも入れちゃうくらい...。嫌われない程度でお願いしますね☆

ではまた♪

 

(2014年4月2日(水) 22:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Perfume等数々のアーティストと共演!洋楽も邦楽も大歓迎です

ブログ記事 ページ先頭へ