全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ そうじゃなくて...

そうじゃなくても良いんじゃないの?

こんにちは、講師の井上です。

先日、僕の好きなドラマー「カーマイン・アピス」が参加しているアルバムを聴いていた時にふと思いました・・「ドタバタ色んな事をやり過ぎじゃないの・・・・?」とね。

「カーマイン・アピス」は、昔は『バニラ・ファッジ』や『ベック・ボガート・アピス』、『ブルー・マーダー』など様々なバンドに在籍していたハードロック界を代表する凄腕ドラマーです。
彼はどんなバンドに入っても「自分らしさ」をしっかりと出せる個性的なドラマーなんです。
そんな彼の日本でのドラム・クリニックにも行った事もあります。とても難しい事をやられていましたなぁ・・・その時に一緒に撮ってもらった写真とサインが、今も僕の部屋に飾ってあります。

「彼の参加している作品はほとんど聴いたぜ!」・・・・と言える程のファンではないのですが(笑)、彼の繰り出す独創的なフレーズを必死に練習した事もありました。

しかし、その独創的なフレーズを自分のバンドの曲に活かそうと思っても、なかなか曲にマッチしないと言うか・・・・自分の中では「使い所が限定されてしまうフレーズ」に思えてしまって・・・。

もちろん、彼の独創的なアイディアは素晴らしいと思います。
彼の演奏をライブでも観た事がありますが、とてもオリジナリティがあるフレーズをバシバシと決めて行く姿は「カッコイイ!」の一言に尽きます。

だけど、そんなカッコイイ彼でも楽曲の中で「やって良いこと、悪い事」があるはず(笑)。
いや、その難しいフレーズをシンプルな曲の中でもバシバシと連続で決めてくる事を非難しているのではなくて、僕が言いたい事は「自分だったらこういうフレーズで対応するのになぁ・・・」というように、自分の考え、自分のアイディアを持てる事が大事だと言う事です。

それは、「こういう雰囲気の曲だったら、自分はこういう風に演奏する」というように『自分の演奏スタイル』というものを築き上げていくという事なのかも知れませんね。

それこそ、自分の好きなアーティストの楽曲を聴きながら「ここはそうじゃなくても良いんじゃないの?」って思うのも大事な事なんですよ、絶対。

自分なりに考えたリズムパターンやフィルに自信が持てるようになるには相当な時間と経験が必要かも知れませんが、「自分だったらこう演奏したい!」という事を少しでも頭に入れておいて欲しいと思います。
それが必ず「オリジナリティ」という他人には無い自分だけの武器になることでしょう。それを手に入れるには・・・練習も大事ですが、沢山の音楽を聴いて色々な刺激を受けることだと思います。

さぁ、皆さんも好きなドラマーに「そうじゃないだろ!」と文句をつけましょう(笑)。
いや、文句を言う事なんて誰でも出来ますが、「ここはこういう風なアプローチでも良いのでは・・・」と、その楽曲に対して自分なりの流れを作って当てはめる・・・というような事をしてみて欲しいんです。
そうしていけば、自然に演奏能力が身に付いてくると思いますよ。








 

(2008年2月12日(火) 0:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大久保・中野・高円寺・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明...

ブログ記事 ページ先頭へ