全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ ライブの準備

ライブの準備

小規模会場(ライブハウスクラスのキャパの大きさ)でライブをやる時に私が準備するものを書きます。


■機材
・絶対に持って行くもの
ペダル
スティック

直接体が触れるアイテムについては必ず持って行きます。

・場合によって持って行くもの
スネア
シンバル
ヘッドセットマイク
タム

機材がある程度しっかりしている会場の場合は持って行きませんが怪しい時は持って行きます。また仕事では無くお手伝いライブ程度の場合は持って行かないことが多いです。不安な場合は事前に会場に問い合わせると機材を教えてくれます。

ご無沙汰バンドのライブは10インチのタムが不可欠なので必ず持って行きます。(ライブハウスには10タムがないことも多い)


■衣装
事前に大まかな方向性だけ聞いて衣装をそれに合わせて持って行くことが多いです。完全にお任せの時もありますし、気軽なセッションなら衣装は持って行きません。

きちんとした大きな現場の時は衣装が提供されることもあります。


■タオル
忘れることが多いですがあった方がいいです。冬場でもステージは暑かったりしますので。


■譜面
曲を覚えている場合でも念のため持って行きます。現場で確認したくなることがあるので。

あと歌詞を書いた紙は絶対に持って行きます。歌詞がどうしても覚えられない...(笑)


■その他(ガムテープ、工具類など)
ライブハウスには基本的には常備してありますが、万一に備えて持って行く場合もあります。
チューニングキーはドラマーなら必需品です。私は常時3~4個持っています。


■ステージドリンク
ステージが思いのほか暑くて想像以上に汗をかいてしまって喉が渇くことがあります。

私はスポーツドリンクを用意することが多いです。倒してもこぼれないようにペットボトルが望ましいです。


こんなところでしょうか。

今は車で移動するのである程度荷物が増えても平気ですが若い頃は全て手持ちで電車で行ってましたからね。

今はそんな根性ないなぁ...。

 

(2014年4月1日(火) 13:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ