全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #1,245 ...

#1,245 (4/1)~脚のダブル♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。

今日から4月。新生活が始まりますね~(^_^)
これからドラムを始めようと思っている方、まずは体験レッスンを受けましょう♪
ドラムて難しそう~、譜面が読めない~、何て当たり前です。皆さんそこからスタートされてますから(^_^)。

体験レッスンは1回しか受けれませんので、どの会場でどんなコーチに習うか、よく考えてから申し込みましょう。
私の場合、私自身のスケジュールがうまく合うかが心配ですが(^_^;)。申し込まれる方は必ず第三希望まで記入してくださいね。

さて、ドラムを始めて皆が悩む第一登竜門として「脚のダブル」があります。いわゆる2打連続で「ドドッ」と、フットペダルを踏む事ですが、これがなかなか安定しないのです。

画像は私のオリジナル・テキスト「Foot Training1」に出てくるエクササイズ。文章で説明するのは難しいですが紹介致します(^_^;)。

まずは譜面のリズム・パターンを言葉で言うと、「ドンドド・タドン、ドンドド・タドン」となります。譜面が読めない方は上にあるイラストを見れば分かりやすいと思います。

脚のダブルは、2打の音量バランスと位置が重要です。譜面下の写真を参考に、足首をひねって踏む「アップ・ダウン奏法」を伝えます。
※赤○部分=脚のダブルが使われている所。

①かかとを上げた状態からスタートし1打目を踏みます。

②足首をひねり2打目を踏みます。かかとは地面に着く位降ろしてます。脚全体は①②両方で1振り(1ストローク)となります。

うまく伝わるか分かりませんが、脚のダブルは大事な奏法です。レッスンで更に詳しく教えていきたいと思います(^_^)。


---------------------------------------------------------------

お知らせ(4/1更新)
ブログ本文よりお知らせの方が長くなってます(^_^;)

●会場使用料金改定
今月からスタジオ使用料金が改定される会場があります。使用する会場は確認しておきましょう。
例):江坂サンプロ・スタジオ
4月から/60分540円(個人練習料金)


●レッスンマイルの期限
レッスンマイル(レッスン料)には有効期限があります。レッスン日程が確定してからで充分間に合いますので、あまり先に入れ過ぎないようにしてください。レッスンをしないまま消化されるのは勿体なすぎますからね。
逆にギリギリになる方もおられますが、私がレッスン登録出来るのはレッスン日の前日まで。どちらも気をつけましょう。


●体験レッスンを申込まれる方へ
希望日は必ず第3希望日までご記入をお願い致します。
※西明石音楽センターは教室の都合上、土曜日のみのレッスンとなります。又、西明石は入会される場合のみ体験レッスンを実施致します。体験だけの申込みはご遠慮ください。


●三宮KZ Studioをご利用の生徒さんへ
開始時刻が部屋により異なります。

7A /毎時 0分スタート
6A /毎時10分スタート
5A /毎時20分スタート
7B /毎時30分スタート
6B /毎時40分スタート
(5Bはドラムがありません)
※平日は午後12時~、土日は朝10:30~営業です。

#1,245 (4/1)~脚のダブル♪

(2014年4月1日(火) 5:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ