全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 自分に正直に・...

自分に正直に・・・・

こんにちは、講師の井上です。

先日のバンドのリハで、僕は今までにあまり演奏する機会の無かった「ボサノヴァ」のようなリズムにチャレンジしてみました。
今まで「ハードロック一直線」だった僕が、まさかこのようなアダルトなノリのリズムを演奏するなんて・・・しかし、これも自分の可能性を試す良い機会だと思ったのです。

あまり知らないパターンだけに出てくるアイディアも乏しく、同じ事を繰り返していましたが、それだけでもなかなか難しいものです。
両足はずっと「ドンチドドンチド、ドンチドドンチド」と固定のパターンを演奏、その上で両手を動かしていく・・・・頭がおかしくなりそうです(笑)。

しかし、慣れないながらにも演奏を続けていくと、少しずつリズムが安定してきて自分でも「出来てるじゃん!」みたいな勘違いに陥り(笑)、慣れないパターンの演奏が楽しくなってきたのです。

こうなればシメたもので・・・僕って、自分が「楽しい!」と感じた事に対しては、他人から強制的にやらされる事とは感覚が違って、取り組む姿勢が数十倍もアップするんです。
いや、恐らく人間誰でもそうだと思いますけどね。

なので、この「楽しい!」という感覚が無くならないうちに、1人でスタジオに入り先述のパターンをひたすら練習する訳です。もちろん、この手の音楽も聞いてみたりして、アイディアを仕入れる事もします。

このように、自分に正直になって「興味が湧いた事に対しての好奇心を上手く利用する」という術を身に付けると、練習の効率も少しは上がるのではないかと考えています。

「こんな事したくないのに!」という練習をずっと続ける試練も大事かも知れませんが、ここは1つ、自分が興味を持った事柄に集中してみるのも良い事だと思いますよ。

それが出来るようなレッスン時間の提供を僕も心掛けていきますので、皆さんが「今、興味がある事」を、レッスン前後の時間に話して下さいね!





 

(2007年11月27日(火) 12:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・中野・大久保・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明大前・下...

ブログ記事 ページ先頭へ