全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ お得意パターン

お得意パターン

こんにちは、講師の井上です。

皆さんには、普段から使い慣れた言葉やお決まりのパターンが何かしらあると思いますが・・・そんな事は改めて考えたことありますか?

例えば、食事の時・・・始めに口にするのは「絶対に汁物から」とかね。あっ、僕はまちまちですが・・。
それとか、お風呂に入っている時・・・身体のどこから洗うかとかですね。ちなみに、僕は絶対に左手からです・・・身体を洗うスポンジみたいなのを右手で持っているからですかね。
もう一つ、メールの最初の挨拶は・・・・僕はほとんどの場合「お疲れ様です」なんです。

以上のように、色んな事柄に自分のお得意パターンがあるように、ドラム(楽曲)を演奏する時にもお得意パターンを幾つか持っていると良いですよね。

例えば、バンドで曲を演奏する時・・・自分が得意としている、周りのメンバーにも判りやすい「盛り上げるフィルイン」と「音量を下げさせるフィルイン」を一つずつ持っているだけで、その楽曲をある程度展開させる事が出来ます。
あとは、その「得意パターン」を増やしていければ・・・それには、色々なアーティストの音源を聴いて拝借してくれば良いのです(笑)。

それに、自分の得意なフィルインというのも持っておいた方が良いでしょうね。あらゆる場面で使えて、しかも絶対に失敗しないというフィルイン・・・それを自分で見つけられると良いですよね。

もちろん、初めは難しくなくても良いと思います。それを見つけられたら、とことん使ってみるのです。自分が完全にマスターするまで、様々なテンポの曲の中であるゆる場面に使ってみるんです。
そうすると、自分で「もうだいぶ慣れたから次のフィルを探してみよう」という気になると思いますよ。

自分が普段使っていない「尊敬語」とか「謙譲語」とかって中々上手く話せないじゃないですか。ドラムだってそれと同じです。
普段演奏していないパターンなどは、不自然に聴こえてしまうと思います。なので、自分の得意なパターンを見つけて、それをドンドンと増やしていく努力を怠らないようにしましょう!

僕もレッスン中、皆さんの演奏に対して上手くアドバイス出来ず「なんて言うのかな・・・こうさ、あのさぁ」みたいな言葉を使っている場面が多々あるように思います(笑)。
すみませんです・・・けど、自分もまだまだ勉強中ですから勘弁して下さい!




 

(2007年9月26日(水) 2:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックならお任せ。ノスタルジックなバンドは注目!独特の雰囲気を学ぶ

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大久保・中野・高円寺・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明...

ブログ記事 ページ先頭へ