サイタ音楽教室ドラム教室大阪 遼のドラム部屋 スクールブログ グルーブとはな...

グルーブとはなんぞや? その2

そのドラムのグルーブに関してですが、ドラムは両手のみならず、両足も使用するため、自分の身体をいかにコントロールし、統率感のあるプレーをするかが肝になってきます。
例え上半身のみの、パッドを用いたスティックワークをこなしても、両足によるキックやハイハットワークがおろそかになっていては身体のバランス、体幹がブレて、スティックワークをスムーズに行うことが出来ません。これはギターなどの上半身に特化した楽器では体験出来ないことですので、これこそドラマーにとっての鬼門になってくることかと思います。

ドラマーは二つ以上の楽器を同時に演奏していると言えます。ハイハットという楽器を演奏するハイハットリストでありますし、キックドラムマーであり、シンバリストでもあるのです。言い換えれば、ドラマー単体で既に一つのバンドを担当していると言えます。ですので、ドラマーが統率感のある安定した演奏をすれば、それは強力なグルーブを生み出せることになります。

これがドラムをする上でのバンドでの重要な役割と言えるでしょう。
この、ドラマーによって生み出されるグルーブ、はしっている、もたっているという絶妙なニュアンスは他の楽器陣に多大な影響を及ぼし、バンドのグルーブの大きな担い手になるのです。

 

(2014年3月27日(木) 16:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オーストラリアツアーにも参加!あなたの体格に合わせて、じっくり指導

新着記事

生徒さんの課題曲の一つで作成しました。 -チャットモンチー / シャングリラ- 複雑なフレーズこそないものの、時折からむ変拍子(4445)やまんべんなく加わるタムフィルインといった、程よく飽きさせないドラム構成が魅力です。 ですので、案外演奏していて、中だるみがないです。このへんの...

Drum Coverで初の邦楽は、Coccoで決まりです。 実は以前、大学生の時、前のYoutubeのアカウントでCoccoの焼け野が原を超軽いノリでアップロードしてて、上裸で、それがあるとき見てみたら4000超再生をいってて、「Cocco ドラム」とサイト内検索したら、1ページ上位に挙がっ...

週一のドラムカヴァー目指しております。遼です。 今回はなかなか日本ではマイナーながらお気に入りのバンドPaatosの大好きな曲Hapinessのドラムカヴァーです。 残念ながらリードシンガーPetronellaさんが長期入院を余儀なくされているため2012年から無期限の活動停止中(...

今回のドラムカバーは2曲目となる、Russian Circlesという3ピースインストバンドのMeleeという曲です。 今年の7月13日にJesuと共に来日ですね。。是非行きたい!Explosion In The Skyは行けなかったし! ドラマーのDave Turncrantzのフレ...

これは特にマレット類で静かにシンバルを演奏するときに気づくのですが、以下の動画のように、シンバルとスタンドの接触面がぶつかり合い、わずかにノイズが入ってしまう、いわゆる「チリチリ」音。 せっかくの細やかな響きがチリチリ音で台無しになってしまいます。 (Youtube動画 チリチリ音)htt...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ