全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 板倉ドラムス スクールブログ ライバルは自分...

ライバルは自分と仲間 3

こんにちは。

タイトルの通り、前回の続きになります。


バンドを組んでおられる人にとってのライバルは誰?というお話をさせていただくんですが、最終的にはメンバー全員が自分のライバルになってきます。

いきなり結論ですね。
前回が長くなってしまった反省も兼ねています。

ただ、「自分がバンド内で目立つ存在なのかどうか」、という話ではありませんので、誤解されないようお願いしますね。

仲良くて気心が知れたバンドメンバーでも、いつまでも上手くならなかったり、バンド活動をしていく上で支障をきたすような行動に走っているメンバーは、いくら仲良くてもクビになりますよね。

運命共同体のようなものですから、実はメンバーほど評価は厳しくなります。

これは、バンドの趣旨によっても変わってきます。
週末に趣味で集まって練習し、たまーにライブをするものだとそこまで厳しくはなりませんが、本気のメンバーだと厳しいと思います。
お互いに、失っては困る存在、他のバンドに移られると手強い存在であり続けられたら、実際にライブをする時にはそのメンバー達を心強く感じるものです。

人間関係もいろいろあると思いますが、お互いをリスペクトしつつライバル意識を持つことで、バンド全体のレベルも自然と上がっていくのではないでしょうか。
個人的には、高いレベルでの演奏の楽しさを味わってほしいので書いてみました。


今回は短くなりましたが、いつかまたこの件についてはふれようと思っています。
まずは個人でレベルアップしていってください。
自分で行き詰まった時には、体験レッスンを受講することをお奨めします。


ではまた。

 

(2014年3月27日(木) 14:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動15年!基本はもちろん、ステージ経験も聞ける

板倉ドラムス
板倉隆志 (ドラム)

三ノ宮・西明石・東加古川

ブログ記事 ページ先頭へ