全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 Musubi drum school スクールブログ 早くも第2回ス...

早くも第2回スティック選びのコツ

改めましてドラム講師の大西です。

第1回目のスティックの重さ、グラムについて書きました。
ちなみに僕は43~45gと20歳くらいからずっと変わらず同じです。軽い方ですね。

ではでは二回目。

スティックの反りについてです。

スティックって反るって知ってました!?原因は色々あるのでしょうが、僕が良く陥ったのは雨です。

スタジオに自転車や原付バイクで行く時、雨が降っていました。

でもそんな事は気にせず爆走していた僕はスティックケースをすり抜け雨が浸透している事に気がつかなかったわけです…。

しかしスタジオ中にはあまり気づかず、家に帰ります。

再びスティックを取り出すと…あら不思議スティックが反っています(笑)

雨に濡れた瞬間より、それが乾いた事により反りが出来るわけですね。(乾燥が原因の一つだったりします
)
実は楽器屋でスティックを購入する際すでに反っているものがたまにあります。

それを発見する秘技が。

スティックを転がすという技なわけです。転がり方が不自然なものは反ってます。

そのうち持った感じでわかるんですが。

スティック選びのコツとして一つ試してみて下さい。

ただしあんまりやるとお店に迷惑かけますのでほどほどに。

あとスティックケースは布地は出来るだけNGです。合成皮革かエナメル質?のような物が雨を弾くので無難だと思います。

僕はとにかくジルジャンです。なんだってジルジャンです。

デザインが大好きです。参考にしてみて下さい。

 

(2014年3月27日(木) 0:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Perfume等数々のアーティストと共演!洋楽も邦楽も大歓迎です

ブログ記事 ページ先頭へ